受賞アーティストによるライブパフォーマンスに加え、各受賞作品の中から最も投票数を獲得した「最優秀ビデオ賞 (Best Video of the Year)」を発表するスペシャルなイベント『MTV VMAJ 2019 -THE LIVE-』を開催!

EVENT

開催概要

日時
2019年9月18日(水)
18:00 開場 / 19:00 開演

会場
STUDIO COAST

※STUDIO COASTでは、QUICPayをはじめとした電子決済でのドリンク購入が可能です。

MC

日向坂46写真
日向坂46

WINNER LIVE ACT

BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE写真
BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE
BiSH写真
BiSH
Foorin写真
Foorin
GLAY写真
GLAY
KING GNU写真
King Gnu
三浦大知写真
三浦大知
THE BOYZ写真
THE BOYZ

GUEST LIVE ACT

BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE写真
INTERSECTION
BiSH写真
さなり
※表記はABC順です。

LIVE REPORT

ライブレポート

新木場STUDIO COASTにて開催されたスペシャルイベント「MTV VMAJ 2019 -THE LIVE-」、今年は日向坂46をMCに迎えて実施された。ライブアクト1組目のKing Gnuは「飛行艇」でヘヴィなグルーヴを響かせ場の空気を一変させて観る者を惹きつける。続く「白日」では井口理(Vo, Key)がシルキーな歌声を響かせると、客席から喜びの歓声が沸き起こり、圧巻のパフォーマンスでトップバッターの大役を務め上げた。

King Gnu ライブ写真

King Gnu

続いてステージに現れたのは、韓国出身の男性グループTHE BOYZ。彼らの名前がアナウンスされると同時に、フロアからは悲鳴にも似た歓声が響き渡り、それに応えるようにTHE BOYZの面々は1曲目「No Air」からキレのあるパフォーマンスで観客を圧倒させる。また、「D.D.D」ではダイナミックで息の合ったダンス、色気の強い歌とラップで会場を熱気で包み込んだ。

King Gnu ライブ写真

THE BOYZ

3組目に登場したのは、Foorin。受賞曲「パプリカ」を持ち前の元気さで表現してみせる。客席には彼らのダンスを真似する者も多く、改めてこの曲の人気ぶりが伺えた。4番目はすでにVMAJではおなじみの存在となった三浦大知。音数の少ないバックトラックが印象的なスローナンバー「片隅」からライブをスタートさせると、その透き通る歌声と曲の世界観にぴったりな照明演出で会場の空気を掌握する。さらに、「Blizzard」では観客のハンドクラップとグルーヴィーなサウンドに合わせて、力強いボーカルと独創的なダンスでその存在感を提示した。

Foorin ライブ写真

Foorin

三浦大知 ライブ写真

三浦大知

イベント中盤戦を大いに盛り上げたのは、BiSH。受賞曲となった「stereo future」からライブを始めた彼女たちは、ステージをめいっぱい使ったパフォーマンスで唯一無二の世界観を作り上げていく。MCではメンバーを代表してセントチヒロ・チッチが受賞の喜びを口にしつつ、「これからもBiSHはジャンルに捉われず、たくさんごはんを食べて音楽を届けていきたいです」と挨拶をしてから「DiSTANCE」でライブを締めくくった。

BiSH ライブ写真

BiSH

6組目のライブアクトはMCの重責も見事に果たす日向坂46。この日最多となる17名という大所帯でステージに現れた彼女たちは、「ドレミソラシド」からライブを開始。可愛らしいダンスパフォーマンスでフロアを優しい空気で包み込むと、続く「キツネ」では会場をダンスフロアへと一変させる。そして、MCでメンバーの佐々木久美が「VMAJでMCを務めさせていただけて光栄です」と挨拶をし、最優秀振付け賞に選ばれたデビュー曲「キュン」で自身のライブパートを終えた。

日向坂46 ライブ写真

日向坂46

続いてスペシャル企画として、ニューカマー2組がゲストライブに出演。まず登場したメンバー全員が日米ハーフというINTERSECTIONは、エレクトロ色の強い「Lost Boy」でその独自性をアピール。続くさなりは弱冠16歳という若さを感じさせない大人びたステージングで、「悪戯」「Prince」をメドレーで披露した。

INTERSECTION ライブ写真

INTERSECTION

さなり ライブ写真

さなり

スタートから2時間を超えたイベントもいよいよ佳境へ。9組目のBALLISTIK BOYZ from EXLE TRIBEは、強いビートが効いたヒップホップチューン「テンハネ -1000%-」でメンバー全員が一丸となってフロアを盛り上げていく。アクロバティックなダンスがフィーチャーされたこの曲で、会場の熱気は一気に上昇。さらに10月リリースの新曲「44RAIDERS」も披露され、会場に集まったオーディエンスを魅了した。

BALLISTIK BOYZ from EXLE TRIBE ライブ写真

BALLISTIK BOYZ from EXLE TRIBE

今年のVMAJも最優秀ビデオ賞の発表でついにクライマックスを迎える。栄えある同賞を受賞したのは、この日のトップバッターを務めたKing Gnuの「白日」。驚きを隠しきれないKing Gnuの面々だったが、メンバーを代表して常田大希(Gt, Vo)と井口理(Vo, Key)が「うれしいです」とシンプルな言葉で喜びを口にした。

King Gnu 受賞写真

King Gnu

今年のVMAJを締めくくる最後のライブアクトであるGLAYは、メロディアスなミディアムチューン「COLORS」からライブを開始。流麗なメロディに乗せてTERU(Vo)が力強くも温かみのあるボーカルを響かせ、会場中の視線を釘付けにした。MCではTERUが「初めての方も多いと思うんですけど、今年25周年。音楽に携わって生活できていることが幸せだなと、しみじみと感じながら活動しています。そういう感謝の気持ちを込めて、大切な曲を用意してきています」と感謝の気持ちを告げてから、90年代の代表曲のひとつ「春を愛する人」をプレゼント。曲名がアナウンスされるとフロアからは喜びの声が上がり、GLAYの面々は多幸感にあふれる会場内にさらなるピースフルな空気を注ぎ込んだ。こうして2時間半におよぶ2019年の「MTV VMAJ 2019 -THE LIVE-」は大成功のうちに幕を下ろした。

GLAY ライブ写真

GLAY

King Gnu バックボード写真

「白日」で最優秀ビデオ賞を受賞した King Gnu

(取材・文/西廣智一)
(写真/ライブパフォーマンス: 岸田 哲平、バックボード:田中 聖太郎)

#VMAJ2019