« 2007年07月 | メイン | 2007年09月 »

2007年08月30日

お祭り金魚

kingyo.jpg

色々制作中な私ですが
12月の個展の作品発表まではチョットお楽しみ未公開‥ということで. .. .. .
今日は日常のお話です。


いま、まさにお祭りシーズンです。

高円寺の阿波踊りも、麻布十番のお祭りも行った私ですが、

金魚すくいがあるとついすくって、持って帰っちゃう。

先日わたしは麻布十番のお祭りで金魚をすくってきたものの、

今飼っている金魚鉢だとキャパオーバーだったので、水槽になるものを探したところ‥!

梅酒を漬ける瓶がちょうど良さそう!

‥と入れたところ‥


kingyo2.jpg



ス テ キ ナ ! イ ン テ リ ア ! !


中には酸素を補給するため+水を浄化する作用があると言われている木炭をいれてみました

木炭は乾かして、また水に入れれば酸素もでてボンベいらず〜

素晴らしく自然に根付いています。

シーズンでしか使わないものを違う時期に使う。


リユースの根付いた家だなーとつくづく思ったのでした。

((この場合あくまでお祭りの金魚が一年も生きないという目測ですが‥。))

2007年08月29日

【WCEX】エコクイズ☆ゲスト:いきものがかり

いきものがかり

【07/8/17 OA分】
MTV World Chart Express with Honda
クイズに答えて地球を冷やそう!WCEXエコクイズ☆

アリサ:正解すると、素敵なパンジーの種をプレゼント!

≪今日のクイズ≫
国際自然保護連合IUCNが2006年に絶滅のおそれがある動植物を発表しました。
さて、その数は何種類だったでしょうか?

1618種類
1万6118種類
10万6118種類

いきものがかり


山下:動物も植物も入ってるんですね。

水野:1000って事はないんじゃない?

鉄平:う−ん、でも種類だからね。

吉岡:じゃあ、2番で!

アリサ:では、1万6118種類で。なんと正解は・・・2番です!!

鉄平:おお!すごい!

水野:こんなにいるんですね。

アリサ:喜んでもいられないですよね、こんなに多いんですよ。

吉岡:あたしのうちは農家で、畑が広がっているんですけど、
    子供のときは近くの湧き水のところに蛍がいたんですけど、
    今はいなくなっちゃって、それは自分にとってすごく寂しかったです。

鉄平:そうですね・・・生き物を守っていきましょうね!

アリサ:ちなみにクイズに正解されたのでパンジーの種をプレゼントします!
     ぜひ植えてみて下さいね!


いきものがかり公式サイトはコチラ!>>

【MTV World Chart Express with Honda】(略:WCEX)
 MTVのオリジナルヒットチャートを中心に世界各国に広がるMTVネットワークを生かした情報を
 発信するほか、毎週豪華ゲストが登場するのが、MTV World Chart Express!
 世界各国の最新チャートや最新音楽情報を紹介するなど、
 世界一の音楽チャンネルMTVならではの企画も盛りだくさん!
 「MTV THINK LOUD : eco with Honda」ではeco(エコ)をテーマに
 地球環境問題に関する情報をパワーアップして毎週いろいろと紹介中!

【VJ】
 鉄平、浦浜アリサ

【ON AIR 情報】
 (金)22:00〜23:00(初回放送)
 (土)15:00〜16:00
 (日)20:00〜21:00
 (月)19:00〜20:00

2007年08月28日

MTV Staff エコアクション 結果発表!

MTV THINK LOUD : eco with Honda presents Warm Heart >> Cool Earth Live MTV THINK LOUD : eco with Honda presents Warm Heart >> Cool Earth Live MTV THINK LOUD : eco with Honda presents Warm Heart >> Cool Earth Live

みんなが熱いココロになってもらうには、まずはMTVのeco Project Staffが熱くならなきゃしょうがない!ということで、実はStaffは、地味〜にですが(苦笑)、イベント応募告知を始めた2007年6月8日からイベント当日まで、『自分にできるエコ活動!』 ということで、エコアクションをしていました!

例えば普段の生活では、
・エレベーターを使わずに階段を使う
・社内資料は裏紙を使用
・社内の冷房設定温度は28℃
・マイバック持参でお買い物   などなど・・・。

イベント当日は、
・ゴミの分別を徹底する
・Staffドリンクは大瓶で購入
・マイ箸持参             などなど・・・。

MY箸
↑スタッフの持参したMY箸☆


小さなことからコツコツと・・・だけど、MTV Staffもだんだん熱いココロになり、なんとそのコツコツの結果・・・

2,138,544g (約2.1t)!

これだけの二酸化炭素(CO2)を削減したことになりました!

???はて???
2トン分のCO2って目に見えないから、いったいどのくらいなの?と、わかりにくいけど、例えば・・・

・25mプール(6コースあり) 2.42杯分
・500mlPETボトル       2,177,000本分
・ドラム缶            800本分
・体育館             82棟分


2トンのCO2っていつ、どの位出る量と一緒なわけ?というと・・・

・飛行機で東京−ロンドン間を往復する時に出る量
・新幹線で東京駅−新大阪駅を208往復する時に出る量
・コンビニで使用する電力の7.4日
・MTVを41414時間(連続275日間)見る量

ほら!ちょっとのエコアクションすれば、MTVをい〜〜っぱい見ても、キミはエコカッコイイ音楽好きってことなんだよ☆

毎日の生活に取り入れるのは、始めはちょっと面倒くさかったりもするけれど。
だけど!
→慣れてくるとフツーになる。
→むしろやらないと、罪悪感を感じるようになった。
→自分、地球にいいコトしてるんじゃん?!って、ちょっと嬉しくなったりする。
→マイバックを持参して買い物したら、店員さんに喜ばれるし、オマケ(試供品) をもらえちゃった!

なんて、いろんな意見がStaffの中からありました☆
みんなも気がついたとき、エコアクションしてみよう!

1人じゃ小さなことでも、みんながすれば大きなことになる。
エコするって“カッコイイ”か、“カッコ悪い”か考えてみると、カッコイイんです!
イベントに出てくれたアーティスト達もカッコ良かったでしょ?!

エコカッコイイ人が、これからもモットモット増えますように♪

☆これからもみんなの熱い心を応援していきます!☆

2007年08月27日

ハシゴカバン式分別ゴミバコ!

Scene2.jpg
photo (c) momoko japan

これは、昨年のDT(Design Tide in Tokyo)のtreasured trash展の光景。
ここで「作品」として出展されたモノたちが「プロダクト」として、
この秋にデビューしようとしています。

今日は、その中でも、先週のこのページにも登場した
limb(リム)のデザイナー福田晶子さんといっしょにつくっている
不思議なかたちのゴミバコについて。

StayatLadder_2.JPG
StayatLadder_up2.JPG

このハシゴカバン式資源ポストは、次世代型「分別ゴミバコ」として
treasured trash projectから生まれました。
私たちは、いわゆる「資源ゴミ」を
「ゴミバコ」に「捨てる」のではなく、
「資源ポスト」に「ストックして」、
リサイクルのために「パスしてあげる」行為が
自然に行えるようなものがつくりたくて、
ブレストやら試作やら実験やらを重ねていて、
このハシゴ型の分別ゴミバコもそんなやりとりから誕生して、
出展用のコンセプトモデルが約1年前にデザインされたのでした。


●●●
みなさんは資源ゴミってどんなふうにまとめてますか?
因みにこのハシゴ型ゴミバコ出現前の私の方法は、
PETボトルもガラスビンも缶もとりあえず洗って、
つぶせるものは軽くつぶしてから、全種類いっしょに
買い物でもらう紙の手提げカバンに入れておき、

資源ゴミ.jpg

溜まるとそのままひょいっとカバンを持って
資源ゴミ集積所(いわゆるゴミ捨て場!)に行き、
そこで、種類別ボックスにポンポン入れていくというやり方でした。
「資源ゴミ」って「燃やすゴミ」と違って、まとめて袋詰めにして
そのまま捨てる、というシンプルな捨て方にできないけど、
種類全部のための小さな分別ゴミバコを並べるスペースも無く、
編み出したのがこのカバン方式。
どうしてもまとめたものを集積所で「とり出して」
「仕分けする」行為が発生するので、
オープンで持ち運びしやすいカバンゴミバコ式が
とても便利だったのです。

とはいえ、このカバン式、もう少しスマートでレギュラーな
「道具」にならないものかと前出の福田さんに相談したところ、
使い捨てでなく、Re-Use型のそのままエコバッグにもなる
ストックカバンがハシゴに並ぶラック式を考えてくれました。
名付けて、「Stay at Ladder」。
ハシゴ(Ladder)の上に資源ゴミが一時的にストッックされる場所。


Ladder_S.jpg
(c)Akiko Fukuda for treasured trash project
special thanks for AUX

リビングやデスクまわりに置きたくなるインテリアプロダクトとして
デザインされたのは、「洗って溜めていくこと」を生活習慣にしてほしかったから。
今後、ゴミは「燃やすゴミ」と「資源ゴミ」に大きく分かれて
集められていくことになるようです。洗ってもらえなかった資源ゴミは
「燃やすゴミ」になってしまうものがほとんど。ワンオフと思っていた
容器ゴミも洗うことによって資源になってまたリサイクルされるんです。
食べたらお皿を洗うように、ワンオフの容器も洗うのが当然になるよう、
どうしても洗って入れたくなるゴミバコにしてみました。

ストックカバンは自然素材(麻や綿)と、PET再生材100%のエコキャンバス地の
2種類でつくっています。この秋には正式にデビューして、
デザインショップで手にとってもらえるようになる予定。
どうぞお楽しみに!

[fumiko ikeda@treasured trash project/gift_]

募金金額発表!

MTV THINK LOUD : eco with Honda presents Warm Heart >> Cool Earth Live MTV THINK LOUD : eco with Honda presents Warm Heart >> Cool Earth Live MTV THINK LOUD : eco with Honda presents Warm Heart >> Cool Earth Live

2007年7月25日に渋谷O-EASTで開催された『MTV THINK LOUD : eco with Honda presents Warm Heart >> Cool Earth Live』で集まった“エコ募金”の総額はなんと!

252,615円!

皆からの熱い気持ちと一緒に、こんなにたくさんの募金が集まりました!
どうもありがとうございます!!!
イベントのテーマである、Warm Heart >> Cool Earth(熱い心が地球を冷ます)の通り、『みんなの気持ちが大きなエネルギーになって地球に届きますように!』との願いをこめて、MTVは責任を持って、この募金を下記に使用・寄附させて頂きました。

.哀蝓璽鹽杜呂旅愼!
グリーン電力証書
Warm Heart >> Cool Earth Liveで舞台や映像、会場で使用した電力を、全て環境に優しいグリーン電力(バイオマス発電)にしました!楽しい会場、楽しい音楽、楽しむ要素がいっぱいつまったこのイベントは、環境に優しいイベントになりました!

グリーン電力購入費:¥27,615
電力使用量:4000Kwh
協力団体・購入元:蠎然エネルギー・コム

※グリーン電力とはなんぞや?という人は、番組ストリーミングでCheck it !!!!
【2007年5月18日OA Episode #07】


∨務て擦某⊆!
プレゼントツリー
みんなの想いが20年後も50年後も100年後も続きますように・・・そう願いを込めて、ステキな自然とみんなの熱いキモチをこの先も残していこう!ということで、北海道に植樹をして森を作っちゃいます!
植樹するアカエゾマツは、なんと寿命が300-400年と言われていて、まれに800年近い年輪数も記録されているんだって!その頃の地球はどうなっているんだろう・・・。その時もみんなの熱いキモチが続いてるといいね!

植樹・森林管理費用:¥225,000
植樹種・数:アカエゾマツ 75本
植樹場所:北海道雨竜郡幌加内町母子里
協力団体:Present Tree 及び 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター 雨龍研究林

※MTVが代表して、みんなの樹を北海道まで植樹しに行きます!BOOちゃんも一緒に汗を流しながら、みんなのキモチを形にしてきますよ♪番組をCheck it !!!!
2007年9月14日、21日、28日OA Episode # 24,25,26
コチラで配信予定!>>

2007年08月24日

番組ストリーミング episode#20

eco2007_20.JPG

8月17日(金)放送分
【Warm Heart >> Cool Earth LIVE】
#3 熱い心が地球を冷ます!

btn_watch.gif

WEBでもLIVEの模様を動画で配信中!>>

Warm Heart >> Cool Earth Live 動画配信!

ライブストリーミング
※動画の配信は終了致しました。


♪イベントレポート、コメント動画など速報記事はコチラ>>

♪出演者の言の葉メッセージはコチラ>>

2007年08月20日

エコなモノづくり 進行中〜

limb2.jpg

treasured trash projectが去年初の企画展を行ったDesignTideが、今年も10月末から5日間行われます! 今年は会社だったり自宅だったり、自分たちの生活空間にすぐに取り入れて活用できるエコプロダクトを発表しようと、日々メンバーやデザイナー、はたまた再生素材を扱うメーカーさんとの打ち合わせを重ねています。
 
先日は中目黒にある福田晶子さん(Limb Co.)の事務所にお邪魔してきました!  

窓辺にはグリーンが溢れていて本当に気持ちいいです!
(↓この写真に写っているのは福田さんがlimbgreen名義で出している作品たちです。)


limb1.jpg


limb5.jpg


けっこう味わいのある古〜いマンションなんですが、床を一段掘り下げてあって、天高が4〜5mあります。天井にはファンが取り付けてあって、風がそよいでこれまた気持ちいいんですよ〜! そして右の壁一面は床から天井までが本棚になっていて、打ち合わせに来る度、お気に入りのブックカフェに来たような感覚になって、ホント和んじゃいます(笑)。


さて、プロダクト開発はというと、前回このブログでも紹介したECO-PLYや、他の再生素材などをテーブルに広げて、どんなものができるかなと相談中。


limb4.jpg


これからのモノづくりは、再生素材を有効活用したり、できるだけ単一素材で作って再生しやすくしたり、異なる素材を使っていても、分別分解できやすくしたり…。素材メーカーさんとお話ししていても、その素材が生み出されて使い終わった後一体どうなるのか、というところまで考えられていて、環境のことを考えたモノづくりがより重要になってきているんだな〜とひしひし感じる今日この頃です。 

福田さんは、事務所の雰囲気同様、とってもあったかくて優し〜いデザインをされる方なので、どんなステキなプロダクトが生まれるのか、今からとても楽しみです!

ということで、続きはまたここでレポートして行きます!


[Hiromi Nishi@treasured trash project/ASYL CRACK]

大野隆志のフジロックレポート!

10月からブログをはじめるヘンプサーフボードの大野です。今回は、夏フェス特集でフジロックをレポートします。

俺は、5回目のフジロック出店で、いつもアバロンフィールドのヘンプドームにいます。

アバロンでは、ニューパワーギア・フィールドというコンセプトを元にステージでの電力や出店者の電力などを太陽光発電やバイオディーゼルの発電でまかなっています。

さて、今回はあまり脚光浴びていない?!アバロンフィールドの出店者を紹介します。

アバロンフィールドは、V字型になっており、左側はNGO,NPOフィールドになっており、右側は、アバロンステージ、オーがニックビレッジ、我がヘンプドーム、フリーマーケットで構成されています。

NPOビレッジを代表して麻こころ茶屋。野外フェスではお馴染みになっているところです。ここは、麻の実を使った雑炊とラーメンを出していました。両方とも飲み過ぎの胃袋には、とても美味しかったです。

Pict3851.jpg
麻こころ茶屋


次に麻太郎のヘンプ・アクセサリーのワークショップ。いろんな人がオリジナルのヘンプアクセづくりに挑戦し、和気あいあいと和みの空間でした。

Pict3854.jpg
麻太郎のワークショップの様子


ステージ側のアバロンでは、我がヘンプドームでヘンプの衣食遊をテーマにTシャツなどを扱うリネーチャーが山にサーフボードを展示していました。

Pict3859.jpg
ヘンプドーム


隣が常連のエコ雑貨倶楽部、名前の通り、オーガニックコットン、粘土のボディクレー、竹の布、ネパールヘンプのヒマラヤンマテリアルがいます。

Pict3850.jpg
エコ雑貨倶楽部

Pict3856.jpg
ヒマラヤンマテリアル


次にフリーマーケットでは、手作りヘンプアクセとガラスアートを組み合わせた、ぴのこ家がいます。

Pict3866.jpg
夜のフリーマーケットの様子

Pict3865.jpg
夜のステージの様子


俺は、フジロックに参加していて毎年思うことがあります。どこの町にも山の手と下町があるように、この苗場のフジロックの会場の中にもあります。ホワイトやグリーンステージは山の手で、アバロンからフィールドオブへブン側は、下町ぽっく、太陽と月が一日が構成されるように、山の手と下町の2つが1つになっていて、一つの町ができあがっているのです。毎年、十万人以上の人が遊びに来る楽しいところなので、来たことの無い人も来年はぜひ来てみませんか?

2007年08月17日

番組ストリーミング episode#19

eco2007_19.JPG

8月10日(金)放送分
【Warm Heart >> Cool Earth LIVE】
#2 中孝介&COOLON

btn_watch.gif

WEBでもLIVEの模様を動画で配信中!!

2007年08月15日

増殖

img40.jpg

空き缶のリサイクル所では
ひとつひとつの空き缶が合わさって一つのキューブ状になっているんですよ。
ほぼ毎日のようにその工場の前を通りかかるのですが
いつも、素敵に見えて気になっているのでした。

そして、なんと!同じような光景を自分で気づかないうちに
つくりあげていたのでご紹介です。


七五三のときに首に巻く偽ミンクをイメージしたものを〜というノスタルジーから
動物の襟巻きのようなものがもともとついている!というデザインの服の生産をしていたところ、
こんな光景がみられました。

はじめは..
1.jpg



2.jpg



3.jpg



4.jpg


なんかスゲー!グッときたー!
ということで、
この状態をみんなに見せたい!
まさに、パフォーマンスてきな作品になった!
これがみんなひとつひとつの商品になって
もう合体することはないんです。
空き缶プレスキューブとは逆の状態です。

即興的で、現場でしか起きないインスタレーション
消費の中で産まれる奇跡でした。

2007年08月13日

ペットボトルキャップ→ECO PLYWOOD

PLYWOOD/プライウッド=合板。いわゆるベニヤ板。
カットした断面が積層になっているあの板です。
ペットボトルキャップがベニヤ板に?

先に現物を紹介してしまいましょう。
これです!

ECO-PLY.jpg

なんだかちょっとおいしいそうですよね。
この合板の30%は何とペットボトルキャップなのです。

今年の春、treasured trashチームは、
プラスティックのリサイクルについて学習したくなり、
自治体主催のワークショップにふらりと参加してみたのです。
その時に見学させていただいたのが、実はこれをつくっている工場。
この再生工場は元々建築家の方が始めたのだそうです。
実は、全国で年間に排出される産廃ゴミの中でも
トップの割合を占めるのが建築現場から出るゴミ。
その現場で建築の指揮をとっている際に、
排出されるゴミの行方に胸を痛め、なんとか再生できないものかと
研究した末、ついにこのECO-PLY(エコ合板)が生まれたとか。

建築現場でコンクリートの型枠になったりして
廃棄される木質ゴミを砕いて、
ペットボトルキャップを砕いたものといっしょに
熱を掛けて圧縮したものがこのECO-PLY。
生まれるのは工場ですが、天然の木材同様、
同じ文様がひとつとして存在しない素材です。

合板と同じように加工できるので、
実は今この再生素材を使って、
家具やプロダクトをデザインできないものかと
treasured trashチーム奮闘中。
良いアイディアがありましたらぜひ教えてくださいね。

また、この素材づくりにかかせないのが、
ペットボトルキャップであることは言うまでもありません。
砕いた木をまとめる、いわば、
ハンバーグのつなぎみたいな存在なのです。
ですが、意外にこのキャップ集めにくいらしい。
そう言えば、私たちもペットボトルの本体は
資源ゴミとして分別して渡しますが、
キャップって不燃ゴミバコに投げ込んでいる人がほとんどではないかと思います。

というわけで、ささやかながら、
私たちもキャップも捨てずに溜めていくことにしました。

PetCapPot.JPG

だんだん溜まって来ました!


今後、さまざま自治体で、不燃ゴミというものがほぼ存在しなくなるようです。
「燃やすゴミ」か「資源ゴミ」のどちらかに分別されて、
燃料になる(サーマル活用)か、資源として再利用されるしくみが
着々と準備されつつあるのですね。
だから、きっとこのキャップたちを預ける場もこれから増えて行くと思われます。
猛暑が続くこの時期、ペットボトルを手にしたら、
ぜひキャップもとっておいてみてください。
「EVERYTHING HAS A NEXT LIFE!」*なのです。

[fumiko ikeda@treasured trash project/gift_]
*初めての"treasured trash"展はこの言葉をテーマに行われました。


2007年08月10日

番組ストリーミング episode#18

【Warm Heart >> Cool Earth LIVE】#1HIGH and MIGHTY COLOR & nobodyknows+

8月3日(金)放送分
【Warm Heart >> Cool Earth LIVE】
#1 HIGH and MIGHTY COLOR & nobodyknows+

btn_watch.gif

2007年08月06日

地球の下に寝転んでみる@Miraikan

mirai1.jpg


今日は本当〜に暑いですね。東京は午前中から30度超えてたような!? 確実に地球の温度が上がっているなというのをひしひしと感じるこのごろです。そこで今日は、地球のことを考えるのに格好の場所、お台場にある日本科学未来館(Miraikan)を紹介します!

日本科学未来館(Miraikan)は、宇宙飛行士の毛利衛さんが館長を務める、文字通り科学をテーマとしたサイエンス・ミュージアムです。ASIMOのパフォーマンスが見れたり、MEGASTARを搭載したプラネタリウムがあったり、子供はもちろん、科学が苦手な大人にもわかりやすく、そして楽しく科学を説明してくれます。


mirai2.jpg


このMiraikanでの私のお気に入りの場所は、ぽっかりと浮かんだ地球の下。なんと入ってすぐのところに、直径6.5mの地球が、本物の地球さながらに浮かんでいるんです! (上の写真の左側に人が写ってるんですが、大きさわかりますか?)

この地球は、Geo-Cosmos(ジオ・コスモス)という名前で、30日前からその日の朝までの雲の動きが常に映し出されています。いつ見ても青く輝いていて、本当に美しいです。 

また、「地球温暖化シミュレーション」というコンテンツもあって、1900年から2100年までの200年間の気温の変化をシミュレーションしたものだそうですが、最後のほうでは下の写真のように、地球が真っ赤に染まってしまうんです。これから起こるであろう気温の変化を目の当たりにして、これはなんとかしなくては! と考えさせられます。


mirai4.jpg


mirai3.jpg


このGeo-Cosmosの下には、ソファーがたくさん置いてあって、誰でも自由に寝転ぶことが出来ます。それに、坂本龍一さんによる心地いい音楽まで流れています(ホームページによると、「屋上に設置されたセンサーが感知した風向・風速・温度・日射量のデータをもとに、リアルタイムで音を生成していく仕組み」なんだとか! スゴイ!(笑))。地球の下に寝転びながら、この世界のことや環境のこと、はたまた自分のことに思いをはせてみる、そんなゆったりとした大切な時間が持てる場所で、オススメです。


mirai6.jpg


来週の8/13(月)〜17(金)までの5日間は、サマーナイト・ミュージアムと題して、通常17:00までのところ、20:00まで開館しているそうです。夜のMiraikanは、ガラス張りの建物に青く輝く地球が浮かんで見えて本当に幻想的でステキですよ! ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか!


[Hiromi Nishi@treasured trash project/ASYL CRACK]

2007年08月03日

番組ストリーミング episode#17

【Warm Heart >> Cool Earth LIVE】速報!

7月27日(金)放送分
【Warm Heart >> Cool Earth LIVE】速報!

btn_watch.gif


■出演アーティストの出演直前インタヴュー「ecoメッセージ」 動画アップ!>>

■サイン入りecoバッグプレゼントの応募はコチラから!>>
※応募締め切りは2007/08/31まで。
※ご応募の際はCLUB MTVの会員登録が必要です。

募金 ありがとうございました! ☆クララ☆

7月25日に行われたLiveへ来て頂きました皆様!
ご来場 どうもありがとうございました♪
楽しんで頂けましたかぁ?!

また、都合悪くて行けなかったー、当たらなかったーという方は
是非 8月24日(金)22:00〜のWorld Chart Expressをご覧くださいませ☆
イベントの模様がしっかり見られます!
また、毎週金曜日22:00〜のWorld Chart Express内でも
LiveのバックヤードをOAしていますので、要チェックです☆

さてさて、ご来場頂いた皆さんからの募金ですが、なんと総額 約25万円!
スゴイですっ!!!こんな金額になるなんて!
『小さなコトからコツコツと』が集まって、こんな大金に!(X_X)
ありがとうございます!!

このお金は、MTVの懐に隠されることなく(笑)、ちゃんと全額がグリーン電力や
植林に使われますので、ご安心を。
詳細内訳は、近々ちゃぁ〜んと公表しますので、楽しみにしていてくださいね☆

みんなのキモチが、エコなことにつながりまーす♪

2007年08月02日

焼き肉定食

弱肉強食.jpg

こんにちは!おひさしぶりです。さとうかよです。
焼き肉定食は夏バテにききますよね〜
スタミナ!にんにくパンチ!
今日からバテちゃってます。
これは濁すための余談です。

今日言いたいのは、焼き肉定食ではなく、「弱肉強食」。

高校生の頃、
よくカロリーと値段をしきりに比べていたんです。
肉は色々高い。
野菜は値段が高くてカロリーは低い。
小麦粉は安いカロリーは高い。
当時、一番ふにおちないのが野菜だった。

野菜は育てにくいのだろうか‥?
果物は育てにくいよね。高いよね。
でも豊作になると、安くなるよね。
痛んじゃうからね。
動物を育てるほうが生きものだし、遙かに大変そうだな〜って思っちゃうけど
そんなこと言ったら農家の人に怒られちゃうかな。
ま、そもそも比べるものではなく
仕事はなんだって平等に大変っちゃ〜大変だろうけどね。

木や草も生き物なんだよな〜とか
ペットとして愛される優先順位とか
金魚の死とかが軽視されることとか
世界の中での優先順位ってなんだろね。


弱肉強食とは違う相関図があるような気がするよ。
だから大量生産すると単価が下がるのと同じ原理。
それなんだよな〜
難しいんだよな〜
あたしが一番気になるのは愛され順位かな〜
草と果物と動物と加工食品とか。

弱肉強食と物の大事にされ方とeco
なにか共通点があるような気がします。
これから探って行くべく、そんな作品を作りそう。(予告)

ストリートの新たな潮流

YOPPI × HAL
photo:Hiroki Obara

☆YOPPI × HAL☆

今、ストリートの新たな潮流としてじわじわと支持者を増やし続けているピスト。
シーンの中心的な存在となっている2人に語ってもらった。

_O1M8471.jpg
photo:Hiroki Obara


■ピストを始めたきっかけは?

ヨッピー:
今でも一般的にはやっぱり口コミが多いと思います。僕はスケートボードに初めて出会ったときのトキメキと同じようなものを感じてるんですよ。大人になってそこまではまれるものがあるなんて想像もしていなかったけど、今はもう夢中ですね。ピストってスケートボードと同じ動きをするんです。レスポンスがいいし直感的だから、本当に身体と一体化してくれる。

HAL:
僕はメッセンジャーをやっていて5年くらい前にピストに出会ったんだけど、それまではママチャリに乗ってるような普通の素人でした(笑)。日本では本当に数人が乗り始めたくらいの時期でしたね。もともと電車での移動が好きじゃなかったんですよ。自転車だと自分がどのくらいのスピードで移動できるのかさえ把握できていれば、絶対にオンタイムで移動できるのが魅力。終電も気にしなくていいし、東京近郊くらいなら余裕で行ける。

ヨッピー:
2年くらい前に平塚に行ったよね。

HAL:
年末に競輪のグランプリレースがあって、それを見にピストで平塚の競輪場まで行ったんですよ。

ヨッピー:
競輪もBMXも含め自転車全般が好きなんですよ。

■乗りこなすには技術も必要ですよね。

ヨッピー:
いきなり無謀な運転をすればもちろん危ないし、真剣に向き合う気持ちを持って練習することが大切。雨の日も風の日もずっと向き合って乗っていると、どんどん愛着が湧いてきますよ。毎日同じ道を通る必要もないし、そうやって楽しんで乗っていれば絶対にうまくなる。

_O1M8397.jpg
photo:Hiroki Obara

■最初にピストを手に入れたのは?

HAL:
最初はフリマで安く手に入れましたね。最初のころは情報が全然なかったんで、試行錯誤していましたけど。最近はヤフオクとかでも安く出回ってますし、扱っているショップも増えましたね。

ヨッピー:
ピストってとっつきが悪いと思われがちだけど、実は意外に安く手に入るんですよ。

■軽量でスピードがでるだけに、怖そうだなと思ってしまうところなんでが。

ヨッピー:
そこはすごく誤解もあると思うんです。ピストってロードレーサーと型が似ているけど、ロードレーサーっていかに早く目的地に着くか競う部分が大きい。でもピストは全然向き合い方が違って、猛スピードで飛ばすよりは、都会の流れに合わせて操縦する感じ。だからゆっくり走っていても十分楽しいし、実際僕らはそんなに飛ばしたりしません。電車に乗ってギスギスするよりは、自転車に乗って息抜こうよって言いたい。

HAL:
究極的にエコロジーな乗り物でもあるんですよ。

ヨッピー:
朝、ヨーグルトでも食えばそれでもう動けちゃうんだから。ピストに乗り始めてから心構えも大きく変わりましたよ。いらない服や物を貯め込んでないで、リサイクルなり人にあげようとか、そういうメンタル部分にも絶対影響があると思いますよ。

_O1M8511.jpg
photo:Hiroki Obara


ヨッピー(江川芳文)
10代からプロスケーター&モデルとして活躍し、1994年にセレクトショップ“realmad HECTIC”をオープン。 98年にはブランド“HECTIC”をスタートさせ、裏原宿を代表するブランドとして人気を博している。

HAL
メッセンジャーからピストの世界にはまり、海外でのレースも経験。現在は原宿にあるピスト専門店“CARNIVAL”のメカニックとして活躍。

_O1M8382.jpg
photo:Hiroki Obara

≪WHAT'S PIST BIKE?≫
ピストとは固定ギア自転車のこと。固定ギアというのは要するにペダルと車輪が直結しているということで、走行中は常にペダルを漕いで脚を動かしていないといけない。それだけに自分の踏んだ力が動力となっていることがダイレクトに感じられるわけだ(上達すればなんとバックもできちゃう!)。また、パーツが少ないためメンテナンスや取り回しも楽だし、フォルムも美しいというのも大きな魅力。「極端に言っちゃえばママチャリを固定ギアに変えればそれでピストになる」(ヨッピー)ということだが、ロードレーサーと同じようなスポーティブなフレームを使うのが一般的。価格もピンからキリまであるが、中古を探せば10万円台でも入手できる。

WARNING!!
ペダル、ベル、前照灯、反射器のない自転車で行動を走るのは道路交通法に違反する行為です。これらの安全装置の設置はショップでは必須のものとして受け付けてくれるの必ずご相談ください。MTVでは安全の為に最善の配慮を尽くし、周囲に配慮した自転車走行を常に支持。推奨します。

≪ショップ紹介≫
CARNIVAL
HECTICのYOPPIがプロデュースしたことで、ファッションピープルの間でも大きな話題になっているピストを中心としたセレクト・ショップ。フレームやホイールなど国内外のパーツだけでなく、完成車も多数置かれている。さらにはオリジナルDVDやウェアも充実しており、自転車とファッションがバランス良くミックスされた気持ちいい空間なのだ。

東京都渋谷区神宮前6-23-11 2F
tel : 03-5485-8581

_O1M8436.jpg
photo:Hiroki Obara

≪DVD≫
「Vita della Via 〜Street Life」
\3,990(税込)
日本初のピストムービー。ヨッピーやHALをはじめ、日本のピストシーンを盛り上げている重鎮たちがそれぞれのテクニックを披露。必見!!

カレンダー

トラックバック

リンク

琉球茶房あしびうなあ

株式会社クライマックスエンタテインメント

新垣通商

大野隆史

松本秀之

アースガーデン

トレジャー

さとうかよ

チーム・マイナス6%

早稲田大学学生環境NPO環境ロドリゲス

言の葉さらさらプロジェクト

学生団体サステコ編集部

渋谷フラワープロジェクト

蠎然エネルギー・コム

Present Tree

RSS1.0 RSS2.0