MTV SINGOUT「歌おうぜ!」 スペシャルライブ supported by PEPSI NEX

今年の夏は、みんなで「歌おうぜ!」

2009年9月、夏の締めくくりにはこの豪華なライブが待っている!MTVとPEPSI NEXだから実現できる、豪華なアーティスト達による夢のライブを開催!!!

開催日 :2009/9/2(水)

会場  :SHIBUYA-AX (東京・渋谷)

開場  :18:00〜 開演:19:00 (予定)

出演者 :トータス松本 / PUFFY / May J. / スガ シカオ / JUJU (決定順)

特別協賛:PEPSI NEX

スペシャルライブに300組600名様をご招待!!

応募期間 :2009/7/10(金)〜2009/8/23(日)

応募の受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

ご招待状の発送をもって発表とかえさせていただきます。
【お問い合わせ】 MTV HOTLINE 044-722-6660 info@mtvjapan.com  【新型インフルエンザに関する注意事項】 【注意事項】必ずお読みください。

ARTIST(決定順)

LIVE REPORTS ライブレポート

9月に入ってグッと涼しくなった東京。しかし、まだまだ熱い夏は終わらない! と言わんばかりに、SHIBUYA-AXにはホットなアーティスト5組が集結した。今回のイベント『MTV SING OUT「歌おうぜ!」supported by PEPSI NEX』は、MTVとPEPSI NEXのコラボだから実現できた豪華な夢のステージ! 早速その模様を詳細レポートしていこう。

スタート時刻の19時。フロアは1、2階ともに超満員。会場の期待も高まりを見せる中、トップバッターで登場したのは PUFFY だ。ピースサインを高く上げながら現れた二人は、1曲目から大ヒット曲「渚にまつわるエトセトラ」を熱唱。客席のボルテージも一気に高まっていく。MCでは吉村由美が、「実は昨日の朝、あばらを折っちゃったんです(笑)。みんな、骨ってもろいって知ってた?」とビックリ発言。「由美ちゃん大丈夫!?」と心配の声が飛んだが、吉村はいたって元気。ラストの「アジアの純真」まで全4曲、大貫亜美とともに高くジャンプをしたり二人で肩を組みながら、PUFFYらしいキュート&パンキッシュなステージを披露してくれた。

2番手は次世代の歌姫として注目を集めている May J. 。1曲目「Story Of Love」を歌い出すやいなや、会場の隅々に響く声量と高い歌唱力でフロアを圧倒。若干21歳とは思えないパフォーマンスに誰もが釘付けとなった。また彼女はこの日、頭に大きなリボン、キラキラ輝くショートドレスという出で立ちで登場。抜群のスタイルに加え、そのハイセンスな着こなしと佇まいもディーバとしての貫録は十分だった。この夏のスマッシュヒットとなった「Garden」では、クレンチ & ブリスタが応援に駆け付け、フロアが完全に真夏モードへ。会場全体で大合唱をし、最後はMay J.がラブリーな投げキッスをしてステージを後にした。

「今日は何もかも忘れて盛り上がろーぜ!」と勢いよくスタートしたのは スガ シカオ 。1曲目「午後のパレード」から立て続けにアップナンバーを披露し、1Fフロアのファンもぐいぐい前へ押し寄せる。スガ本人もギターを激しくかき鳴らすなど、豪華なバンドによる骨太なサウンドは本当に刺激的だ。途中、盛り上がりすぎたファンに足を引っ張られ、ステージから落下してしまう場面も。これにはスガも苦笑いだったが、ファンの熱い思いは十分に伝わったことだろう。最後はバラード曲「春夏秋冬」を会場一丸となって大合唱。スガの沁み入る歌声は客席の心を大いに震わせ、最後の一声まで希望のメッセージを届けようとしていた姿が印象に残った。

ここまで続いた夏らしいステージに涼しい風を送り込んだのは JUJU 。シックなワンピースで登場した彼女は、ヒット曲「素直になれたら」「やさしさで溢れるように」で、誰もが聴き入る伸びやかな歌声を披露。壮大で包み込むようなその声は、時に力強く、時に儚く、表情豊かに耳に響いてくる。MCでは「歌うのが好きな人!」と客席に問いかける場面も。JUJU本人が歌うことを何より愛しているアーティストだけに、今日のような客席と一緒に歌えるイベントは楽しくてしょうがないようだ。彼女の代表曲となった「明日がくるなら with JAY'ED」ではスペシャルゲストとしてJAY'EDが登場。二人の溶け合うハーモニーには思わず涙腺が緩んだファンも多かったことだろう。

大トリには、ウルフルズ活動休止後、初のソロステージとなる トータス松本 が登場。レザージャケット+ストローハットという彼らしい衣装で姿を見せると、あちこちから「待ってました!」の大歓声が。1曲目のPEPSI NEXキャンペーンソング「明星」からいきりテンションは最高潮で、会場も引っ張られるように熱が上昇していく。「エビデイ」は一人一人に思いを届けるように丁寧に歌い、会場がハートフルな空間に。「今日、ものすごい上がってる!」と興奮気味に話す様子からも、トータス松本が心からこのステージを楽しんでいることが伝わってくる。MCでは「今日がソロのスタートで本当にうれしい! これからも張り切って歌っていくんで応援よろしく」とファンに改めて挨拶。ラストの「夢ならさめないで」では、絞り出すような魂の叫びを披露し、集まったすべての人の心を熱くさせた。

最後は全5組のアーティストが再びステージに集まり、PEPSI NEXの特大ペットボトルを囲んで記念撮影! 「歌う」ことでアーティストとお客さんの心が繋がった、まさに"音"を"楽"しむ素晴らしさを再確認するイベントとなった。

LIVE REPORTS 速報レポート

SING OUT

 トップバッターで登場したのはPUFFY。1曲目「渚にまつわるエトセトラ」のイントロが流れると大歓声が湧き、2人のキュートでエネルギッシュなパフォーマンスに会場は大盛り上がり! 「アジアの純真」まで全4曲を熱唱し、オープニングをダイナミックに飾ってくれた。2番手はMay J.。頭に大きなリボン、キラキラ光るミニドレスで現れた彼女にはあちこちから「可愛い!」の声が。とはいえ若干21歳とは思えない迫力の歌声で、会場をハッピーな空間に染め上げた。「今日は何もかも忘れて盛り上がろーぜ!」と勢いよくスタートしたのはスガ シカオ。立て続けにアップナンバーを披露し、バラード曲「春夏秋冬」では全員が心をひとつにして熱唱したのが印象的だった。シックなドレス姿が素敵だったJUJUは、壮大でどこまでも広がっていく歌声を惜しげもなく披露。「私は歌うのが大好き! みんなも好き?」と問いかけたり、一緒に歌った客席に彼女が拍手を送るなど、ファンとの温かいふれあいも随所に。そしてトリを務めたトータス松本は、登場からテンション最高潮! 「今日はすごい上がってる!」と繰り返し、彼ならではの熱いパフォーマンスと真っ直ぐなメッセージには思わず胸が熱くなる場面もあった。 5組のアーティストとお客さんの力で大成功に終わった今回のイベント。「みんなで歌う」ことの楽しさを再確認させられた素敵な夜だった。

【注意事項】

    
  • ※ ライブ会場への交通費・宿泊費等の諸費用は、お客様のご負担となりますのでご了承ください。
  • ※ 本イベントはMTVでの放送、インターネット配信、カラオケ配信、DVD販売等を目的として撮影することを前提としており、 ご来場のお客様が映像に映りこむ場合がございますのでご了承ください。
  • ※ 未就学児のご入場はお断りいたします。また、就学児童は1名様とみなします。
  • ※ 全席スタンディングとなります。
  • ※ 天候やアーティストの都合等により、中止または内容に変更がある場合がございますのでご了承ください。
  • ※ 当選の権利はご本人のみ有効で、譲渡・変更、また換金はできません。
  • ※ 抽選結果に関するお問い合わせにはお答えいたしかねます。あらかじめご了承ください。
  • ※ ハガキや封書でのご応募は受け付けておりません。あらかじめご了承ください。
  • ※ 会場での撮影・録音は禁止いたします。カメラ・録音機器等の持ち込みはご遠慮ください。