『サブリナ』俳優、オーディション落選が転機だった!

5 11月 2018
先月からNetflixで配信されている『サブリナ: ダーク・アドベンチャー(以下、サブリナ)』は、米漫画会社アーチー・コミックのアーチー・ホラー・シリーズの一つ『The Chilling Adventures of Sabrina』を原作とした作品で、同じく同シリーズ原作のドラマ『リバーデイル』のスピンオフ作品。それら2作品にまつわる、不思議な縁を感じる情報が明らかになった。

『サブリナ』にて主人公サブリナ・スペルマンの従兄弟アンブローズ役を演じているチャンス・パードモは、もともと『リバーデイル』のメインキャラクターの一人=ジャグヘッド・ジョーンズ役のオーディションを受けていたらしいのだ。最終的にジャグヘッド役を勝ち取ったのはコール・スプラウスだったが、チャンスに魅了された脚本家ロベルト・アギレー・サカサは『サブリナ』で彼を起用することに決めたのだとか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🚀 Sad face; look out to space 🚀 🤜🏾Whilst you fear the unknown, just know, you can always go home🤛🏽

Chance Perdomoさん(@chance_perdomo)がシェアした投稿 -



チャンスはTV Insiderのインタビューにてアンブローズというキャラクターについて、「彼の二面性が好きだね。アンブローズの外見は若い男だけど、その中身=魂はかなりの年数を重ねているんだ。だから役者として、彼がどこにいたのか、人生でどんなことを成し遂げてきたのか、そしてなにに悩んできたのかを考えながら演じるのはとても楽しく興味深いことだと思っているよ」とコメントしている。

また、アンブローズには"意地悪"な面があるとこのように語った。「ドラマを観ていると、彼が思いやりのある愛に溢れた人物だってわかるはず。特に家族に対してね。アンブローズはとても心が広く、ものすごく優しい魂を持った人なんだよ。でも同時に、意地悪な心も持っていて、それによって拷問された過去も持っている」 「意地悪って言ったけど、悪意のあるものではないよ。彼はある意味では意地悪な面があって過去に拷問されたことがあるけど、その経験が今の彼を作っている。その(優しいけれど意地悪である)二面性を、バランスをとりながら演じるのは挑戦的なことではあるけれど、同時に楽しみも感じているんだ」
 


奇妙なことに、サブリナ役を演じているキーナン・シプカも『リバーデイル』のメインキャラクターの一人でジャグヘッドの恋人ベティ役のオーディションを受けていたそうだ。チャンス、キーナンそれぞれがオーディションで落ちたのはある意味運命的なできごとだったのかもしれない。
Category:

Latest News

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、来日公演が決定!

Music

パール・ジャム、新作未完成はクリス・コーネルの死が影響

Music

ジュース・ワールド、16歳のプロデューサーから訴えられる

Music

リアム・ペイン&ナオミ・キャンベル、熱愛中!?

Celeb

米メディア、リタによるマローン仮装を本人だと勘違い

Music

ジュリア新作にセレーナ・ゴメス&ナイル・ホーランが参加

Music

カミラ・カベロ、マーク・ロンソンとスタジオ入り!

Music

ブラッド・ピット、シャーリーズ・セロンと交際開始!?

Celeb