ヤングブラッド、豪華プロデューサー陣が参加した新EPをリリース!

21 10月 2019

10月18日にイマジン・ドラゴンズのフロントマン=ダン・レイノルズをフィーチャーしたニューシングル「original me」をリリースしたばかりのヤングブラッドが、同曲含む6曲入りのニューEP『the underrated youth』をリリースした。
 


 
2歳でギターを弾き始め、10歳の時に楽曲制作を開始したヤングブラッドは、イギリスはヨークシャー出身のドミニク・ハドソンによるプロジェクト。ギター、ベース、ピアノとドラムを自由自在に演奏するマルチ・インストゥルメンタリストで、現代社会を斜めから見て、異議を申し立てるその反抗的な精神と赤裸々な歌詞が現代を生きる多くの若者に共感と支持を得ており、「Next Arctic Monkeys(次なるアークティック・モンキーズ)」と米メディアで称される、次世代を担う若きロック・スターだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

what's ur favourite song off the ep????????????????????? or do u fookin hate it ... loool 🖤🖤🖤

YUNGBLUDさん(@yungblud)がシェアした投稿 -


 
今作EPは、そうそうたるプロデューサーや作家陣とタッグを組んでできた作品だ。マッシヴ・アタックやロビー・ウィリアムズを手掛けるマット・シュワルツ、アークティック・モンキーズやThe 1975のプロデュースで有名なマイク・クロッシー、マシン・ガン・ケリーやザ・ユーズドを担当したザック・チェルヴィーニ、そしてブリンク 182やグライムズを手掛けたクリス・グリアッティという4名の敏腕音楽プロデューサー/作家陣とヤングブラッドで、EPのタイトル通り"過小評価されている青春"で自分を含め今を生きる若者が感じる不満、葛藤、生きずらい社会へのメッセージなどをギュッと6曲に濃縮した作品となっている。ロック好きのみならず、"自分ってどういう人だっけ"と自分の人生や今後について悩んでいる若者にこそ聴いてほしい一枚だ。
 

 
ヤングブラッドは今作について、次のようにコメントを残している。
 
「このEPは、この数年間で自分がたくさんの人々と出会って、その人たちから聞いた様々な話をベースに作ったんだ。僕のファンのみんなは、これまでに自分が経験したこととか、色々な話を教えてくれるんだよ。その中には、両親に自分の性についてのカミングアウトや、性転換を行った話もあったりして。ライヴの回数やファンの子たちからのDMの数を一つひとつ積み重ねるごとに、僕が作る曲の題材はより自分自身のことではなくなっていったんだ――自分以外のたくさんの人たちが、自分自身の信念を貫き通す為に団結し、戦っていることについて歌いたいと思うようになったんだよ」

 



Category:

Latest News

実写版『リトル・マーメイド』、エリック王子役のキャストがついに決定!

ドラマ

『フレンズ』の再結成エピソードの製作計画が進行中?!

ドラマ

ノラ・ジョーンズ、両A面シングルをリリース!

音楽

KFCでプロポーズし叩かれたカップル、大手企業から次々とサポートを受ける

カルチャー

テイラー・スウィフト、ショーン・メンデス迎え「Lover」Remix版を緊急リリース!

音楽

ジョン・レジェンド、「最もセクシーな男 2019」に!妻の反応は?

セレブ

ジャスティン・ビーバーのアニメ映画『Cupid』、初イメージ画を公開!

映画

トリスタン・トンプソン、今度はインスタ投稿でクロエへの愛をアピール!

セレブ