宇多田ヒカル SPECIAL

14 12月 2018
宇多田ヒカル MUSIC VIDEO HISTORY
12月にデビュー20周年を迎える宇多田ヒカル。11月から開催されている約12年ぶりとなる6会場12公演のコンサートツアー「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」は、デビュー20周年記念日の12月9日に千秋楽を迎える。2019年1月にはスクリレックスとの共作でゲームソフト「キングダム ハーツIII」のオープニングテーマ『Face My Fears』と、エンディングテーマ『誓い』、それぞれの楽曲の日本語版、英語版を収録したシングルが発売されることが決定している。いつの時代も独自の感性で鮮明に感情を描き出し、珠玉の楽曲を世に生み出し続けてきた彼女の歴代ミュージックビデオをお届け! さらに歌詞付きバージョンでも大特集! 

【通常版】
<初回放送>
1月16日(水)18:00-20:30

<リピート放送>
1月22日(火)17:30-20:00

【歌詞付きVer】
<初回放送>
1月19日(土)18:00-20:30

<リピート放送>
1月29日(火)18:00-20:30
2月9日(土)21:00-23:30


宇多田ヒカル Top10
1998年「Automatic/time will tell」でデビューして以降、楽曲はもちろんのこと、ミュージックビデオの独創性も常に話題となってきた。そんな彼女のミュージックビデオTop10をMTVが独自に選出、カウントダウンする!

<リピート放送>
1月18日(金)18:00-19:00
1月26日(土)21:00-22:00
1月28日(月)24:00-25:00
2月7日(木)25:00-26:00


宇多田ヒカル コラボアーティスト特集
2018年11月には、新進気鋭のアジアン・ラッパー3名をフィーチャリングした配信シングル『Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)』をサプライズリリースするなど、数々のコラボレーションでも話題を集めてきた宇多田ヒカル。番組では彼女がこれまでコラボレーションしたアーティストの楽曲を特集してお届け。多くの新星を見出してきた彼女の音楽世界を堪能できる番組!

<初回放送>
1月17日(木)18:00-19:00

On Air Playlist
宇多田ヒカル 「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」
椎名林檎 「人生は夢だらけ」
宇多田ヒカル 「忘却 featuring KOHH」
KOHH 「飛行機」
小袋成彬 「Selfish」
THE BACK HORN 「あなたが待ってる」
Superorganism 「パクチーの唄 (Superorganism Rework)」
Superorganism 「Everybody Wants to Be Famous」
PUNPEE 「タイムマシーンにのって」
JEVON 「Paranoia」
SUBOI 「CÔNG」
SKRILLEX 「Bangarang」
宇多田ヒカル & Skrillex「Face My Fears (Japanese Version)」

コラボアーティスト プロフィール
椎名林檎 / 音楽家(作詞作編曲及び実演)


1998年にシングル「幸福論」でデビュー。 自作自演の音楽家。1stアルバム『無罪モラトリアム』、2ndアルバム『勝訴ストリップ』が共にミリオンセラーを記録。2004年から2012年まではバンド・東京事変としても活動。ソロとしての活動の傍ら、他の歌い手へや、映画・舞台などへの曲提供も精力的に行う。2009年、平成20年度の芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。2018年5月27日、デビュー20周年を迎えた。

椎名林檎と宇多田ヒカル-------
【1998年】同レコード会社(東芝EMI=当時)からデビューした同期。
【1999年】東芝EMIの新人コンベンションにて、一夜限定ユニット『東芝EMIガールズ』と名乗り出演。カーペンターズの名曲「I Won't Last a day without You」とお互いの楽曲を歌いあう。
【2002年】椎名林檎のカバーアルバム『唄い手冥利~其の壱~』に2人のデュエット曲「I Won't Last a day without You」が収録される。
【2014年】宇多田ヒカルのトリビュートアルバム『宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-』収録曲「Letters」のカバーにて参加。
【2016年】宇多田ヒカルのアルバム『Fantôme』収録曲「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」にてデュエットが実現。
【2018年】椎名林檎のトリビュートアルバム『アダムとイヴの林檎』収録曲「丸ノ内サディスティック」を宇多田ヒカル&小袋成彬のデュエットでカバー。


KOHH / ラッパー


1990生まれ。東京都北区王子出身。生い立ちや現況をありのままに綴る歌詞表現と、ジャンルにとらわれない音楽スタイルで国内外から絶大な支持を集める。2015年に客演参加した韓国のアーティストKeith Ape「It G Ma (feat. JayAllday, Loota, Okasian, KOHH)」のミュージックビデオが世界的に広まり、以降、フランク・オーシャンやマライア・キャリーなど数々の海外アーティストとの共演を果たす。音楽活動以外にも、ファッション・モデルとしてのランウェイ/ルックへの参加、自身が手がけたモダン・アート作品での個展開催など、ラッパー/ミュージシャンの規格を飛び越え、アーティストとして大きな飛躍を見せている。

KOHHと宇多田ヒカル-------
【2016年】宇多田ヒカルのアルバム『Fantôme』収録曲「忘却 featuring KOHH」にゲストボーカルとして
参加。


小袋成彬 / アーティスト


1991年4月30日生まれ。大学時代にR&Bユニット"N.O.R.K."を結成し、ボーカルとして活躍。N.O.R.K.解散後には、音楽レーベルTokyo Recordings設立し、水曜日のカンパネラへの歌詞提供のほか、adieuなど様々なアーティストのプロデュースを手掛ける。伸びやかな声と挑戦的なサウンドデザイン、文藝の薫り高き歌詞が特徴。2018年、宇多田ヒカルの全面プロデュースによる1stアルバム『分離派の夏』にてメジャーデビュー。

小袋成彬と宇多田ヒカル-------
【2016年】宇多田ヒカルのアルバム『Fantôme』収録曲「ともだち with 小袋成彬」にゲストボーカルとして
参加。
【2018年1月】デビューアルバムからの先行シングル「Lonely One feat. 宇多田ヒカル」を配信リリース。
【2018年4月】宇多田ヒカル初の新人アーティストプロデュースとして、デビューアルバム『分離派の夏』をリリース。
【2018年5月】椎名林檎のトリビュートアルバム『アダムとイヴの林檎』収録曲「丸ノ内サディスティック」を宇多田ヒカル&小袋成彬のデュエットでカバー。
【2018年6月】宇多田ヒカルのアルバム『初恋』収録曲「Too Proud featuring Jevon」、「パクチーの唄」の制作に参加。
【2018年11月】宇多田ヒカルの配信楽曲「Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)」の制作に参加。


THE BACK HORN / ロックバンド


1998年結成。"KYO-MEI"という言葉をテーマに、聞く人の心をふるわせる音楽を届けていくというバンドの意思を掲げている。2001年シングル「サニー」をメジャーリリース。近年のロックフェスティバルでは欠かせないライブバンドとしての地位を確立。そして、スペインや台湾ロックフェスティバルへの参加を皮切りに10数カ国で作品をリリースし海外にも進出。2018年10月からは結成20周年を締めくくるアニバーサリーツアーを決行。

THE BACK HORNと宇多田ヒカル-------
【2006年】宇多田ヒカルのアルバム『ULTRA BLUE』収録曲「One Night Magic feat.Yamada Masashi」に山田将司がゲストボーカルとして参加。
【2017年】THE BACK HORNの25枚目のシングルとして、宇多田との共同プロデュース楽曲「あなたが待ってる」を発表。


Superorganism / 多国籍インディー・ポップバンド


インターネットを介してイギリス、オーストラリア、ニュージーランドそして18才の日本人Oronoが集結した8人組多国籍ポップカルチャー・ジャンキー集団、スーパーオーガニズム。2017年1月に結成、ネット上に曲をアップするとフランク・オーシャンやヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグらが自分達のラジオ番組でプレイしたことで話題に。「Something for your M.I.N.D」で鮮烈なデビューを飾る。聴いた者にも伝染してしまうような脱力感のある万華鏡のようなポップ・サウンドに誰もが虜になってしまうこと間違いなし。

Superorganismと宇多田ヒカル-------
【2018年】宇多田ヒカルのアルバム『初恋』収録曲「パクチーの唄」の、スーパーオーガニズムによるリワークを公開。


PUNPEE / ラッパー・トラックメイカー


2006年Libra主催「UMB」東京代表。トラックメイカーとしてもRHYMESTER、SEEDA、TOWA TEI、tofubeats、後藤正文等、ヒップホップアーティストを中心にトラック、リミックスを提供。2009年Akai主催によるサンプラー・バトル「MPC Gold Fingaz Kitchen」優勝。2009年、自身のグループPSGでの1stアルバム『David』を発表し、グループでのFUJI ROCK FESTIVAL出演も果たす。2017年には初のソロアルバム『MODERN TIMES』を発表。その他テレビCM、番組音楽を手がけるなど幅広く活動中。

PUNPEEと宇多田ヒカル-------
【2016年】国内初の3D VR配信番組、宇多田ヒカルの「30代はほどほど。」にDJとして出演。
【2017年】プレイステーション用ゲームソフト「Kingdom Hearts HD 2.8」全世界共通のオフィシャル・テーマソングとなる宇多田ヒカルの「光 -Ray of Hope MIX-」のREMIXを担当。


Jevon / ラッパー・プロデューサー・トラックメイカー (UK)


イギリスのノースウエストロンドン出身、ブラジル、フィリピン、ジャマイカの血を引く24歳のラッパー。父親の影響で小さい頃からUKガレージに触れ、自身の音楽性に大きく影響を与えた。ジャスティン・ティンバーレイクの「Justified」を大胆にサンプリングした「Bipolar」や、聖歌隊の合唱をサンプリングした「Redemption」、ダンスホール系のサマーチューン「Judas」など幅広い音楽性に注目が集まる。2018年7月にデビューEP『Judas』をリリース。「Promises」では、Jevonからのラブコールにより向井太一とのコラボが実現。世界的にも、今後の飛躍が期待されるアップカミングなアーティスト。

Jevonと宇多田ヒカル-------
【2018年】宇多田ヒカルのアルバム『初恋』収録曲「Too Proud featuring Jevon」にゲストボーカルとして参加。


Suboi / ラッパー・歌手・作曲家 (ベトナム)


1990年生まれ。ベトナムヒップホップの女王と称されるラッパーのハン・ラム・チャン・アイン(通称スボイ/Suboi)。音楽と映画とITの世界最大規模のコンベンション&フェスティバル『SXSW』に2年連続で、ベトナム初の歌手として出演。宇多田ヒカルの国内ツアー"Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018"スタートを記念してサプライズリリースされた「Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)」に、中国のXZT、韓国のEKとともに参加。

Suboiと宇多田ヒカル-------
【2018年】宇多田ヒカルの配信楽曲「Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)」にゲストボーカルとして参加。
 
Suboiのインタビューを公開中!
Suboiとはどんな人物なのか?宇多田ヒカルとのコラボレーションについても語ってくれました!


Skrillex / エレクトロミュージシャン・シンガーソングライター・DJ (US)


1988年米ロサンゼルス出身。フロム・ファースト・トゥ・ラストというハードコア・バンドのリード・シンガーだったソニー・ジョン・ムーアがバンドを脱退後始めたのがこのプロジェクト。2008年Skrillex名義での活動を開始。2012年第54回グラミー賞でDJ初となる「Best New Artist」にノミネートされるだけでなく、「Best Dance/Electronica Album」を含む5部門にノミネート、3部門を受賞。2015年にはDiploとのユニットであるJACK Uとしてアルバムをリリース。ジャスティン・ビーバーをゲストに迎えた楽曲「Where Are U Now」が世界的大ヒット。以降も数々の賞にノミネートされ、2010年代のダブステップおよびブロステップムーブメントの象徴的存在となった。

Skrillexと宇多田ヒカル-------
【2019年】宇多田ヒカルとSkrillexの共作曲「Face My Fears」をリリース。

Latest News

デュア・リパ、ハディッド姉妹の弟と熱愛か!?

セレブ

パヴァロッティ、スティングやボノとのレア音源がリリースに

音楽

ショーン・メンデス、歌手志望を理由にいじめられていた過去を告白

セレブ

『トップガン』続編は6K超高画質で制作!

映画

ウエストライフ、クイーンとのコラボイベントを企画中!?

音楽

ブラッドリー・クーパーとレディー・ガガ、フェスに出演へ?

音楽

トム・ハーディ、『ヴェノム』続編へ出演が決定

映画

『スター・ウォーズ』のテーマ曲を歌うアザラシが誕生!

カルチャー