ジェームズ・ガン、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』監督に復帰!

18 3月 2019
ジェームズ・ガンがマーベルの人気映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ3作目の監督・脚本家として再雇用されたことが明らかになった。

ジェームズは同シリーズの1作目と2作目を担当していたが、昨年7月、2008年から2011年にかけて不適切な内容のツイートをしていたことが見つかったことで、ウォルト・ディズニー・スタジオから解雇されていた。だが、そのディズニーの対応はファンたちだけでなく、シリーズに出演しているキャストたちからの怒りも買うことに。

一件の報道から約1週間後、キャスト一同がジェームズを全面的にサポートすると声明を発表。そこには、クリス・プラット(スター・ロード役)、ゾーイ・サルダナ(ガモーラ役)、ヴィン・ディーゼル(グルート役)、ブラッドリー・クーパー(ロケットの声優)、デイヴ・バウティスタ(ドラックス役)、カレン・ギラン(ネビュラ役)、ポム・クレメンティーフ(マンティス役)、マイケル・ルーカー(ヨンドゥ役)、そしてジェームズの実の弟であるショーン・ガン(ロケットの動き及びクラグリン役)の署名が記されていた。

それから数カ月の間、ジェームズはDCコミックス原作映画『スーサイド・スクワッド』続編の監督・脚本に抜擢。同企画はすでに走りはじめており、最近はイドリス・エルバが新デッドショット役として出演交渉中であると報じられていた。マーベルとDCはライバル同士であるが、ジェームズは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ復帰によって『スーサイド・スクワッド』を降板するわけではないそうだ。

ジェームズは数日前、このような声明を発表している。「過去数カ月間、僕のことを支えてくれた全ての人たちに心から感謝しています。僕は常に学んでいますし、可能な限り素晴らしい人間になれるよう、引き続き努力をしていきます。ディズニーの決断に深く感謝しており、僕ら全員を繋ぐ愛の絆である映画を継続して作れることに興奮しています。皆さんからの愛やサポート、たいへん恐縮です。今までもこれからもその気持ちを抱いていくことでしょう。心の底から、感謝しています。皆さんを愛しています」
 


Category:

Latest News

ハリー・スタイルズ、“ドレス姿”を非難したキャンディス・オーウェンズに反撃の一言!

音楽

テイラー・スウィフト、「Love Story」の再録音源を解禁するも…一風変わったその方法が話題に

音楽

セレーナ・ゴメスが恋愛市場にカムバック?!NBA選手とのデートが報じられる

セレブ

故ジュース・ワールド、22歳の誕生日にベニー・ブランコを迎えた新曲「Real Shit」を解禁!

音楽

今月開催の「2020 Movie & TV Awards」から、ホスト、出演者、プレゼンターが発表に!

映画

ジョニー・デップ、ティム・バートン監督のドラマ『アダムス・ファミリー』でゴメズ役に?

ドラマ

ヤングブラッド、マシン・ガン・ケリーと再びコラボ!新曲「acting like that」が解禁に

音楽

シーア、ニューアルバムの国内盤『ミュージック』が来年2月にリリース決定!

音楽