SHINeeのジョンヒョンが逝去 公式サイトで声明を発表

19 12月 2017
日本でも人気の高いK-POPグループSHINeeのジョンヒョンが、12月18日に逝去。日本の公式サイト上に19日、グループが所属するエスエム・エンタテインメントより声明が発表された

「あまりにも胸が痛み、悲痛な訃報をお伝えすることになり、申し訳ございません。12月18日、SHINeeのメンバーであるジョンヒョンが突然私たちの傍から離れていきました。故人はソウル清潭(チョンダム)の宿泊施設で倒れたまま発見され、近くの大学病院に運ばれましたが、18日の夕方に死亡判定を受けました。

最愛の息子と弟を亡くした遺族の悲しみとは比較できませんが、長い時間を共に過ごしてきたSHINeeのメンバーたちと私たちエスエム・エンタテインメントのアーティストたちおよび従業員みな、あまりにも大きな衝撃と悲しみの中に故人を追悼しております。ジョンヒョンは誰よりも音楽を愛し、常にベストを尽くしてステージに立つ最高のアーティストでした。ジョンヒョンに惜しみない愛を送ってくださったファンの皆様に悲しい報せをお伝えすることとなり、さらに胸を痛めております。

突然すぎる悲報に大きな悲しみの中にある遺族が故人を敬虔に追悼するために、デマや憶測報道は控えていただけますよう、懇切お願いいたします。遺族の意に沿って、葬儀は家族親族と会社の同僚たちが参加し、可能な限り静かに行わせていただく予定です。

もう一度、故人の最期の逝く道に深い追悼の意をお送りいたします」


SHINeeは2008年に韓国でデビューし、数々のアワードで「最優秀新人賞」を始めとした多数の賞を受賞。その3年後である2011年に1stシングル「Replay-君は僕のeverything-」で日本デビューを果たすと、オリコンでは最高位2位を獲得。その後もリリースするシングルが続々とオリコンTOP3へランクインする快挙を記録し、日本への進出でも成功を収めたのだった。

甘いルックスはもちろんのこと、パワフルな歌唱力と優雅なダンスパフォーマンスの融合で人々の心を虜にし、その人気ぶりはアジアのみならずヨーロッパや世界各国でも証明済み。今年2017年には日本でのデビュー5年目を迎え発表した5thアルバム『FIVE』を引っ提げ、全国ツアー「SHINee WORLD 2017~FIVE~」を開催。全国各地の公演でファンたちを大きく沸かせる圧巻のパフォーマンスを披露した。

またつい先日には、2018年2月に『SHINee WORLD THE BEST 2018~FROM NOW ON~』の東京ドーム公演、京セラドーム大阪公演の開催決定を発表したばかりということもあり、ジョンヒョンの訃報に心を痛めずにはいられない。

SNS上は、悲しみに暮れるファンたちの声で溢れ返っている。

ファン1
「SHINeeはいつだって、5人揃ってSHINeeなんだよ。10年間ステージで輝き続けたスターは、今はきっと空でその輝きを発しているはず」

ファン2
「彼のご家族、ご友人、仕事仲間の皆様、そしてShawols(SHINeeのファン)のみんなに心からのお悔やみを申し上げます。彼は今、苦しみから解放された場所にいることでしょう」

ファン3
「ジョンヒョン、どうか安らかに眠ってください。Shawolsのみんな、心を強く持っていこう!」

ファン4
「涙が止まらないよ。彼に関するツイートを読んでいると心が燃えるようで、もう疲労困憊。高く飛んで、そして安らかに眠ってね、ジョンヒョン。始まりから終わりまで、あなたは本当によくやった」


MTVではジョンヒョンが歩んできたアーティストとしての輝かしい足跡を讃えるとともに謹んで追悼の意を表し、以下の番組を放送する。

関連番組
「MTV VIDEOGRAPHY: SHINee」
12/19 [火] 23:30-24:00 ほか

SHINee VideoSelects
12/19 [火] 24:00-25:30 ほか


MTV NEWS

Latest News

チャンス・ザ・ラッパー、デビューアルバムの詳細を発表!

音楽

ポール・マッカートニー、『素晴らしき哉、人生!』をミュージカル化?!

音楽

アリアナ・グランデ、GIVENCHYの新コレクションを公開!

セレブ

ラナ・デル・レイ、エルヴィス・プレスリーの妻役に立候補?

映画

ヘイリー・ビーバー、ランウェイからの引退をほのめかす

セレブ

マーゴット・ロビー、『タイタニック』の結末に不満の色示す?

映画

ジャネット・ジャクソン、往年の名作がレコード盤で再生産に

音楽

ハビエル・バルデム、実写版『リトル・マーメイド』でトリトン王役に?!

映画