ドレイク×リル・ベイビーのコラボ新曲「Yes Indeed」はピカチューの歌?

17 5月 2018
ラッパー、ドレイクは今年の6月以降、ニューアルバム『Scorpion』のリリース、ヒップホップトリオのミーゴスとのツアー、その他にも多くのラッパー達との曲作りが控えており、やる事が盛りだくさん。そんな超多忙な中、新たなシングル「Yes Indeed」をリリースした。今回はアトランタ出身の若手ラッパー、リル・ベイビーとのコラボレーションとなっている。

Time To Make The Streets Go Crazy !!!

💵👶🏽 💵さん(@lilbaby_1)がシェアした投稿 -



「Yes Indeed」でドレイクは、いつもの彼らしく、自身の所属するレーベル<ヤング・マネー>に関する事などをラップしている。一方リル・ベイビーは、「カルティエのめがねで俺はお前を覗かない(peek at you) / ピカチューのような黄色いフェラーリ」と、韻を踏む言葉に人気アニメ/ゲームの『ポケモン』のキャラクター、ピカチューをセレクト。ドレイクの陰に埋もれないような印象的なラップをかました。

どこか気の抜けている声で聴く人を病みつきにさせるリル・ベイビーのラップだが、実はまだラップ歴はかなり浅く、またラップを始めたきっかけはミーゴスとヤング・サグだとか。昨年11月のMTV Newsのインタビューにてリルは、「しょっちゅう(あいつらの)スタジオに出入りしていたんだよね。ミーゴスと一緒に何週間もスタジオに入って。サグともスタジオで何週間も一緒にいて。俺はラップをしなくってさ、単につるむ為に入り浸ってたんだ。でも奴らの仕事の合間に、あいつらと俺だけのタイミングがあったから、喋ったり遊んだりする代わりにラップを教えてもらってたんだ」と話していた。



(C)WireImage
カテゴリ:

最新ニュース

驚異の集中力!ドレイク「Nice For What」はゲーム中に1時間半で制作

news

ゼイン・マリク、「Let Me」に続く新曲「Entertainer」を続編MVとともに公開!

news

セレーナ・ゴメスとジェニファー・アニストン、ジェニファーの元夫が原因で友情決裂?

news

ザ・ナショナル、名盤『Boxer』の完全再現ライブ盤がついにCD化!

news

ショーン・メンデス新曲「Nervous」はファンキーな恋愛ソング!

news

Yo-Sea & HIYADAM、「Dreaming City」がついに配信解禁!

news

クリスティーナ・アギレラ×デミ・ロバート、コラボ曲「Fall in Line」MVが公開!

news

ゲーム『キングダム ハーツ III』はピクサー要素が盛りだくさん!

news