マーク・ウェブ、実写版『白雪姫』を監督か

3 6月 2019
マーク・ウェブが、ディズニーの実写版『白雪姫』でメガホンをることになりそうだ。『(500)日のサマー』や『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなどで知られるウェブは、1937年に公開されたディズニー初の長編アニメーション映画『白雪姫』の実写版の監督について現在交渉に入っているとヴァラエティ誌が報じている。

同映画では、『ガール・オン・ザ・トレイン』のエリン・クレシダ・ウィルソンが脚本、『ラ・ラ・ランド』や『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックで、ゴールデン・グローブ賞とアカデミー賞を受賞した作曲デュオ、ベンジ・パセックとジャスティン・ポールが音楽、マーク・プラットが制作を担当するという。

ディズニーはこれまでも、『ジャングル・ブック』『美女と野獣』『アラジン』『ダンボ』など、名作アニメーション作品の実写版を続々と制作してきており、8月9日(金)には同じく実写版『ライオン・キング』の日本公開も控えている。


Category:

Latest News

ニッキー・ミナージュ、マイリー・サイラスへの反撃を開始!

セレブ

リアム・ギャラガー、息子の退学処分を「誇りに思う」

セレブ

アリアナ、精神状態を考慮し追加公演はアメリカ限定に

音楽

『小悪魔はなぜモテる?!』のスピンオフ、制作が進行中!

映画

ドレイク、ニューアルバム制作に着手へ?

音楽

「MTV LIVE PREMIUM」 にベリーグッドマンの出演が決定!

ニュース

さらばキッス!史上最大規模のファイナル・ツアー、12月に日本上陸決定!

音楽

フレディ・マーキュリー、幻の未発表曲がリリース!

音楽