自主隔離規制が生んだロマンス!屋上で踊る女性にドローンを使ってアプローチ?!

26 3月 2020

新型コロナウイルスが原因で、海外への旅行を諦めたり花見の機会を失ったりと、まだまだマイナスなインパクトが無くなることはない。だが、自主隔離規制が敷かれている中だからこそ生まれる出来事もあり、人と人との繋がりに改めて価値を見出すきっかけとなっている時もあるようだ。
 
アメリカのニューヨークを拠点に活動する写真家のジェレミー・コーエンも、そんな体験をした人々の内の一人。TikTokとツイッターにアップされた30秒ほどの動画の中でジェレミーは、自主隔離規制が生んだ新たなロマンスについて説明。
 
「僕は誰かに親密なアプローチをするのが得意ではないんだけど、1週間ほど自宅待機をしていたからか、他人との繋がりを渇望していたんだ」とナレーションを添えるジェレミーは、自主隔離の日々が続く中、ある日建物の屋上で一人でダンスをする女性を発見!人には見られていないと思っていたのか、それとも自宅待機で溜まったストレスを全力で発散するためなのか、この女性は全身全霊でダンスに興じていた。
 



そして女性がジェレミーの視線に気付くと、お互いに笑顔で手を振り合い軽い挨拶を交わす。直後、ジェレミーは紙に自分の携帯電話の番号を書き、ダクトテープでドローンにその紙を固定。写真家として動画撮影の仕事で培ったテクニックを駆使し女性の元へとドローンを飛ばすと、女性は照れ笑いを浮かべながらも番号の書かれた紙を回収したのだった。
 
結果、ジェレミーは女性からのメールを受信。25日にアップされた最新動画では、自主隔離規制のために実際のデートに出掛けることはできなかったものの、屋上とバルコニーでそれぞれ食事をする"遠隔デート"を楽しむ二人の様子が紹介されている。小声ではとても会話が成立しないので、ジェレミーは近所中に聞こえる大声で「君は美しいよ!!」と、女性に向かって叫んでいた。
 

また別の投稿でジェレミーは「あのデートはマジなやつで、昨日の夜の出来事さ。ものすごくうまくいったよ」と、女性とのデートが成功に終わったと話していた。
 



もしもこれがきっかけで将来的に二人が結ばれることになったら……ジェレミーにはいつかこの物語を映画にしてもらいたいものだ。
 


 



Latest News

女王復活!リアーナ、3年ぶりに新曲をリリース!

音楽

キム・カーダシアン、子供の時間の潰し方のアイデアを募集するも炎上騒ぎに

セレブ

トリヴィアム、ニューアルバムより表題曲「What The Dead Men Say」を解禁!

音楽

外出禁止の各国、人々が自宅でヘアカットにチャレンジするも…

カルチャー

ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー、最新ビデオは自宅で10時間かけて制作!

音楽

ヘイリー・スタインフェルド、生配信中に元恋人の曲が再生され気まずい雰囲気に

音楽

才能が溢れ出るオリバー・マルコム、ニューシングル「Helen」をリリース!

音楽

自宅にストーカー出没でクリス・ブラウンが冷や汗!「あなたは私の人生のパートナー」

セレブ