フレディ・マーキュリー、幻の未発表曲がリリース!

24 6月 2019
故フレディ・マーキュリーの幻の1曲、「Time Waits For No One」が遂にリリースされた。1986年、ウエストエンドで上演されたデイヴ・クラークによるミュージカル『Time』のために書かれた同曲だが、フレディが歌ったバージョンは今年になるまで行方不明となっていた。

リリースに際しデイヴは、「素晴らしいものでした。何か特別なものをつくろうという目的に私たちは向かっていたんだ」と声明を通し語っている。

同曲は、1987年のフレディとモンセラート・カバリエによるコラボアルバム『Barcelona』をプロデュースしたマイク・モーランがピアノを担当、声と鍵盤だけの壮大なバラードとなっている。



また、今回同時にリリースされたミュージックビデオは、デイヴがロンドンのドミニオン劇場でのフレディのパフォーマンスを収めた3時間の記録映像を基に4年間かけて作り上げたものだそうだ。一方、同曲の当時のレコーディング風景はフレディの専属シェフだったジョー・ファネリも居合わせ、素晴らしい食事とウォッカ、シャンパンが振る舞われる豪勢なものだったと、プレスリリースが明らかにしてもいる。

1960年代にバンド、デイヴ・クラーク・ファイヴのドラマーとして活躍したデイヴだが、先日同曲についてこう話していた。

「アビーロードでリハーサルしたあのバージョンはピアノとフレディのみのものだ。魔法のようで鳥肌が立ったよ」「結局発売したバージョンは48人のボーカルが入ったものだった。フレディーが歌うマスターテープを見つけるのに何年も費やすことになったんだ」

一方、フレディの未発表曲としては、「Under Pressure」以外にも、クイーンが故デヴィッド・ボウイと共演した曲が存在することが明かされてもいる。当時、同バンドのローディを務めていたピーター・ヒンスの最近の著書『David Bowie: I Was There』によると、両者は同曲以外にもたくさんの曲をコラボしていたそうで、同本には「彼らはオリジナルの曲、そしてカバー曲も一緒に演奏していました。スタジオでジャムセッションをし、それがそのままレコーディングされたのです。「All The Young Dudes」「All the Way from Memphis」といった色々なロックの定番曲がです」と書かれている。

それらの未発表曲についてクイーンの事務所はコメントを控えているものの、ブライアン・メイはまだ日の目を見ていない曲があることを仄めかしてもいた。


Category:

Latest News

チャンス・ザ・ラッパー、デビューアルバムの詳細を発表!

音楽

ポール・マッカートニー、『素晴らしき哉、人生!』をミュージカル化?!

音楽

アリアナ・グランデ、GIVENCHYの新コレクションを公開!

セレブ

ラナ・デル・レイ、エルヴィス・プレスリーの妻役に立候補?

映画

ヘイリー・ビーバー、ランウェイからの引退をほのめかす

セレブ

マーゴット・ロビー、『タイタニック』の結末に不満の色示す?

映画

ジャネット・ジャクソン、往年の名作がレコード盤で再生産に

音楽

ハビエル・バルデム、実写版『リトル・マーメイド』でトリトン王役に?!

映画