『キャプテン・マーベル』の続編、舞台は“現代”に!

24 1月 2020

2019年3月に公開し話題を呼んだマーベルの映画『キャプテン・マーベル』が、現在続編を製作中。『キャプテン・マーベル』では物語の舞台が90年代のアメリカであったが、続編では現代となるようだ。
 
同じくマーベルのキャラクターであるスカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフとスカーレット・ウィッチの恋人であるヴィジョンを主人公に据えたドラマ『WandaVision(仮題)』で脚本を務めるメーガン・マクドネルが、『キャプテン・マーベル』の続編でも脚本を手掛けることになるという。
 
現在マクドネルはマーベルと最終的な契約のまとめに入っている段階で、製作陣にはマクドネル以外にも女性を起用する考えでいるマーベルは、2022年の公開を目指して同作のメガホンをとってくれる女性監督を探している最中なのだという。
 
残念ながら、現段階では続編の中でどのようなストーリーが語られるのかは明らかになっていない。前作では舞台が90年代であることが物語の要となっていたため、時間軸を現代に移した続編ではどのような物語が紡がれていくことになるのか、予想が難しい。
 
2019年3月に公開された『キャプテン・マーベル』は、全世界で4億5,500万ドル(約500億円)の興行収入を記録したヒット作。その続編ともなれば、更なるヒット作の誕生となることは間違いなさそうだ。

 




Category:

Latest News

ピンク、新型コロナウイルスに感染していたことを告白

セレブ

チャニング・テイタムとジェシー・J、再び破局

セレブ

ドレイク、新曲「Toosie Slide」をリリース!MVで自宅内部を大公開!

音楽

【続編】“自主隔離ロマンス”の二人、今度のデートは「ボールに入って散歩」?!

カルチャー

ケンダル・ジェンナー、姉コートニー・カーダシアンは「精神的にかなり病んでいる」

セレブ

映画『ムーラン』と『ブラック・ウィドウ』、延期後の全米公開日を発表!

映画

マイリー・サイラスとコーディー・シンプソン、医療従事者にタコスの贈り物!

セレブ

フジロック出演のゴーゴー・ペンギン、新曲「Kora」を先行リリース!

音楽