トローヤン・ベリサリオ、ヘンリー王子&メーガン妃の結婚式が“悪夢”だった理由とは?

20 7月 2020

ドラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』スターのトローヤン・ベリサリオは、2018年5月に挙げられたヘンリー王子とメーガン妃の結婚式に、夫で俳優のパトリック・J・アダムスと共に出席した。今回Stellarとのインタビューでこの時のことを振り返ったトローヤンが、結婚式を"悪夢"だと感じた理由について語った。
 
メーガン妃は結婚するまで、ハリウッド業界で女優として活動していたこともあり、結婚式にはセリーナ・ウィリアムズやイドリス・エルバ、ジョージ・クルーニーにプリヤンカー・チョープラーなど、多くの著名人が顔をそろえた。
 
イギリス国内だけでなく世界各国が大注目したヘンリー王子とメーガン妃の結婚式。この日、トローヤンは一体何を着て行けばいいのかと、不安に押しつぶされそうになったという。
 
「ええ、とても心配だったわ。その理由は2つ。ひとつは、当時妊娠5ヶ月だったことを隠したかったから。でも、妊娠がバレてしまうことに関しては前向きな気持ちだったんだけどね。それからもうひとつ、ものすごく不安に駆られたのは…あれって何て呼ぶんだったっけ?ほら、帽子を被るでしょ?そうそう、ファシネーター(装飾性の高い女性用の頭部の装身具)!」
 

 
「1930年代でない限り、あれって被るとバカみたいに見えちゃうの。素晴らしいアート作品のようなものも中にはあるけど、なんだか己惚れているように見えたり、周りの視線を集めようとしてるんじゃないかと思われちゃうでしょ?かと言って小さすぎると、伝統にのっとっていないと思われてしまう」
 
「今までの人生でファシネーターが必要な時なんてなかったもの。だから、"大きすぎず、でも小さすぎもよくない"って、すごく気を使って考えたわ。まさに"悪夢"だったわね」
 
こうして迎えた結婚式当日、トローヤンはソフィア・ウェブスターのピンクベージュのAラインドレスに、メッシュのベールが施されたカチューシャで会場入り。しかしその直前には、腹をくくれないまま不安が絶頂に達し、スタイリストに確認の電話を入れていたのだという。
 
「私のスタイリスト、アナベル・ハーロンは、実はオーストラリア人なの。ドアから出ていく直前にも彼女に電話して、"アナベル、このヘッドピースは頭全体を覆ってないんだけど"って相談したわ。そしたらアナベルは、"大丈夫よ。ベールがついてて、頭をちゃんと覆ってるから"って言ったの」
 
「だから私は、"もしもイギリスのメディアが私を批判したら、私は絶対にあなたのことを許さないから"って言ったわ。そしてアナベルは、"私はオーストラリア人よ、信じて!絶対大丈夫!"って返してきたわ」
 
 

 



Category:

Latest News

リリー・コリンズ、映画監督の恋人と婚約!ちょっと変わった婚約指輪をSNSでお披露目!

セレブ

泥沼劇に発展?マックス・エーリック、デミ・ロヴァートとの破局を「ニュースサイトで知った」

セレブ

ソフィー・ターナー、出産前には決して投稿しなかったマタニティ写真をSNS上で公開!

セレブ

ロイヤル・ブラッド、来年春リリースの新作から「Trouble’s Coming」を先行解禁!

音楽

誕生日を記念したグウィネス・パルトローのヌード写真に娘アップルが半狂乱?!

セレブ

EDM界のゴッドファザーことティエスト、待望の新曲「The Business」をリリース!

音楽

ホアキン・フェニックスと婚約者ルーニー・マーラの間に男の子が誕生!

セレブ

新世代の歌姫フレッチャー、トレヴァー・ダニエルを迎え「Bitter」の新バージョンを解禁!

音楽