ジェフリー・スター、非難を浴びた“火葬コスメ”について言及!「芸術には意味がある」

21 5月 2020

先日、自身のビューティーブランドから「CREMATED(火葬)」と名付けた新しいアイシャドウを発売し、「新型コロナウイルスで死者が出ているのに、あまりにも不謹慎すぎる」と世間から大バッシングを受けた、人気YouTuberのジェフリー・スター。批判の声が多く寄せられこれ以上無言を貫き通すことが出来なくなったのか、本件について自身の考えを示すコメントを発表した。
 


 
新アイシャドウ「CREMATED」コレクションのそれぞれの色には、「Hearse(霊柩車)」、「Angel of Death(死の天使)」、「R.I.P.(安らかに眠れ)」、「Pallbearer(棺を担ぐ人)」、「Death Certificate(死亡証明書)」、「The Morgue(死体安置所)」、「Mausoleum(霊廟)」、「Embalmed(防腐処理)」、「Eulogy(弔辞)」、「Last Respects(葬式への参列)」、「Obituary(死亡記事)」そして「Burial Gown(葬具)」と、死に関連する言葉を使った名前が付けられている。
 

 
新型コロナウイルスで毎日のように世界各国で死者が出てしまっている今、このネーミングセンスはあまりにも「おかしい」と、多くの人々がジェフリーを非難。そしてジェフリーは、この世間の反応に次のように反論した。
 
「人々はあまりにも飽きちゃってて、過剰に反応しているだけよ。私と親しい人は皆、私がこの言葉(火葬)をよく使うことを知ってるわ。それに、私は「CREMATED」を(パンデミックが始まる前の)2019年9月に登録したのよ」
 
「私の作る芸術は、どの作品も色んな意味を持っている――そう、そこよ――これは私の作品なの。私は、世界のためにこの作品を作ったわ。だからその解釈は、人それぞれであるべきよ」
 



批判を寄せた人たちは、果たしてこの主張に納得するのだろうか?
 
 
 
 

 



Category:

Latest News

ヘイリー・ビーバーが告白!姉の協力なしではジャスティンとのデートは実現しなかった!

セレブ

TikTokの王ジェイソン・デルーロ、新チャレンジ向けの動画がすごすぎると話題に

セレブ

レディー・ガガがアリアナ・グランデとコラボ!新曲「Rain On Me」をMVと共に解禁!

音楽

著者が暴露!『ハリー・ポッター』誕生の地は、あのカフェではなかった?!

映画

ザ・ウィークエンド、ドージャ・キャットを迎えた「In Your Eyes」リミックス版を解禁!

音楽

お互いにゾッコン!デミ・ロヴァート、SNS上でマックス・エーリックとイチャイチャ!

セレブ

新作が好評発売中のThe 1975、メンバー愛と日本愛を歌う「Guys」のMVを公開!

音楽

元恋人同士のジョーイ・キングとジェイコブ・エロルディ、続編作のポスターで完璧な距離感を保つ

映画