ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーの新MVに日本のローラー族が登場!

6 8月 2018
約2年ぶりの来日で話題のファイヴ・セカンズ・オブ・サマーが「Youngblood」の新たなミュージックビデオを公開した。4月に公開された同曲のビデオはバンドのライブ映像が用いられた「Altバージョン」。対して今回公開されたビデオはオフィシャルミュージックビデオという位置付けになっていたが、驚くべきことにメンバーは一切出てこない。だが、日本のファンにとって嬉しいことに、MVの舞台は東京となっている。



物語は、年老いた夫婦が残りの人生を使い、24時間という期限付きで若返りの薬を飲んで再び青春を謳歌するというもの。若くなった二人はリーゼント、レザージャケットなど50年代風のロカビリーファッションを身に纏い、バイク、タバコ、刺青などを愉しみ、原宿のローラー族の人々と交流。アジアのサブカルチャーの中でも取り上げられることが少ない日本のロカビリーシーンを取り上げた、珍しいMVとなっている。まるで日本版『グリース』のような雰囲気のラブストーリーは、切なさとワイルドさが共存したクールな作品に仕上がっている。

プレスリリースにて、ドラムスのアシュトン・アーウィンは「日本のロカビリーシーンは古い文化への情熱が美しく積み重ねられ、新たなものへと進化しているし、とても興味深く驚くべきサブカルチャーとして確立していると思います。僕らの曲を視覚化する上で、MVのコンセプトを受け入れ許可してくれたことに感謝しています」とコメント。

MVの監督を務めたフランク・ボリンは同じくプレスリリースにて、彼が10年前に日本旅行をした時にローラー族に遭遇したことにインスパイアされたと付け加え、「バンドのメンバー達は日本のローラー族に焦点を当てるというアイデアをものすごく気に入ったし、僕らは実際に彼ら(ローラー族)と2日間一緒に過ごしたんだ。彼らが東京を案内してくれて、彼らの世界を共有してくれたことは、楽曲にも良い影響を与えてくれたし、最終的にビデオにもそれらが反映されたんだ」とコメント。

ギタリストのマイケル・クリフォードは「オープンマインドでこのビデオを見て欲しい。きっと後悔はさせないよ」とツイートしていた。
 

(C)Getty Images
Category:

Latest News

リアム・ヘムズワース、映画のプロモツアーをキャンセル

映画

キーファー・サザーランド、バスのステップを踏み外し重傷を負う

音楽

スリップノットの公演中に死亡者が発生、警察が捜査を開始

音楽

切ない!ディプロ、有名人だと気づかれず写真撮影を頼まれる

セレブ

テイラー・スウィフト、最新曲とトラックリストを一気に解禁!

音楽

マーティン・ギャリックス、最新曲「Home」をリリース!

音楽

ホイットニー・ポート、「レオナルド・ディカプリオの誘いを断って後悔している」

セレブ

カーディ・B、映画共演者にラップ・ダンスをレッスン!

映画