『バットウーマン』、主演女優の続編出演辞退を受け、新しいキャラクターを生み出す

3 6月 2020

先日、CWテレビジョンネットワークによるDCコミックス原作のドラマ『バットウーマン』について、シーズン1で主役のケイト・ケイン/バットウーマンを演じたルビー・ローズがシーズン2への出演を辞退したと発表されていたが、これを受けドラマの製作陣は、同役に別の女優をあてがうよりもケイト・ケインとはまた別の新しい女性キャラクターを作り、そのキャラクターを次のバットウーマンとして登場させることに決めたようだ。
 
The Hollywood Reporterによれば、このニュースについては、英語圏で人気の投稿サイト「Reddit」内の同ドラマのページに新たなキャラクターに関する情報がアップされたため判明したのだという。おそらくはまだ公開すべく情報ではなかったのか、その後情報の記載は削除されているが、このニュースを最初に報じたDeciderによれば、新しい主人公は「ライアン・ワイルダー」という名前で(仮名の可能性あり)、「まさに今バットウーマンになろうとしている20代半ばの女性キャラクター」なのだという。
 
またライアンの性格については、「好感を持てるがあまり人からとやかく言われるのは好きではなく、だらしない上にちょっと抜けた部分もある」と説明されており、「ケイト・ケインとは全く性格が異なる人物」なのだそう。その背景として、「ライアンは長年ドラッグディーラーとして生きてきたため、ゴッサム市警察から逃げ回る日々を送っており、心に負った傷を悪い癖で隠そうとする傾向がある」とも書かれており、「高いスキルを持ってはいるが聞き分けのない性格をしているため、最も危険なタイプのファイターであり、典型的な"アメコミヒーロー"とは言い難い」と形容されている。
 
しかし、一方で「お腹をすかせた野良猫のためにミルクを盗んだりする」といった優しい一面もあるとのことなので、ドラッグディーラーがどのようにしてスーパーヒーローへと転身していくのか、出会う人々や彼女の身に起こる出来事が与える影響がシーズン2の見どころになると言えよう。
 

 



Category:

Latest News

『glee/グリー』女優のナヤ・リヴェラ、息子と湖に出かけ行方不明に

ドラマ

カニエ・ウェストの家族や友人ら、大統領選出馬表明は躁うつ病が原因と心配する様子を見せる

音楽

クリス・エヴァンスに熱愛の噂!リリー・ジェームズとロンドンで公園デート

映画

ジュース・ワールド、マシュメロとのコラボ曲「Come & Go」を緊急リリース!

音楽

マイ・モーニング・ジャケット、あの名盤と対をなす新作『The Waterfall II』を発表!

音楽

チャーリー・ダミリオ、公の場で破局劇を繰り広げ「子供じみていた」と謝罪

セレブ

ダウズ、11年ぶりとなる新作から先行シングル「Prisoners」をリリース!

音楽

実写版『ピーター・パン』、フック船長役としてジュード・ロウが候補に?!

映画