21サヴェージ、イギリス国籍だと認める

8 2月 2019
先日、不法滞在容疑で米国移民関税執行局(ICE)に拘束されていたラッパー=21サヴェージの弁護団が声明を発表し、TMZがその文書を公開した。それによると、21サヴェージことシャヤ・ビン・エイブラハム・ジョセフはイギリス生まれであるとのこと。また、弁護団は、素直に国籍を偽ったことについて認めたことで、シャヤの釈放を要求している。

声明によると、彼が初めてアメリカを訪れたのは7歳のとき。それからアメリカに留まり続け、2005年に約1ヶ月間一時帰国。2005年7月22日にH-4ビザで再び入国した。だが、そのビザは2006年には失効していたとのこと。弁護団は「彼自身のせいではない」と擁護しており、シャヤも20年近く"合法的"に滞在していたことを主張しているという。

今回の声明で新たに発覚したのは、シャヤがUビザの申請を保留されていたということだ。ICEによると、Uビザは「精神的または肉体的虐待を受けた特定の犯罪の被害者で、当該犯罪の調査や起訴のために法的機関や政府に協力してくれる人のためのビザ」。シャヤは2013年に起きた射殺事件の被害者だったため、2017年にUビザを申請したが、政府は今も保留中。その申請が正式に受理されれば、シャヤは合法的にアメリカに滞在し続けることが可能になるそうだ。

また、弁護団は「彼は慈善活動など善行を積んでおり、また音楽によってコミュニティをより良いものにしています。エイブラハム・ジョセフ氏はコミュニティにとって"危険"ではありません」と述べている。

Category:

Latest News

フレディ・マーキュリーの手書きアイテムが市場に!

Celeb

ジジ・ハディッドの誕生日会でテイラーがドレスコードを無視?

Celeb

FKAツイッグス、待望の新曲「Cellophane」をリリース!

Music

Netflix作品、今後もアカデミー賞の対象に

Movie

カイリー&トラヴィス、『ゲーム・オブ・スローンズ』でラブラブに?

Celeb

ビヨンセ父、デスチャのミュージカルを計画中

Music

アベンジャーズ女優、ファンの体に彫られた自身のタトゥーを見て発狂!

Celeb

カイリー・ミノーグ、英フェスで新曲を初披露予定か?

Music