2017-04-10
マドンナもペプシを批判「コカ・コーラのほうが好き」


Getty Images
大炎上して削除を余儀なくされたペプシ最新CMだが、マドンナもまた痛烈な批判コメントを発表した。

マドンナはインスタグラムに、渦中のペプシ動画をアップしながら「あのクソCMは何の意味もなさなかったわね。ところで30年前に私が出演したペプシのCMは、私が黒人牧師にキスをしたからって理由でペプシ側が放送中止にしたのよ」と書いた。

マドンナは1989年にペプシのCMに起用されたが、その2分間のCMにはマドンナの『Like a Prayer』がテーマソングで流れており、CM放送開始の翌日にマドンナが『Like a Prayer』のミュージックビデオを公開。このMVがカトリック教会やその他の宗教団体から厳しい批判を受けた影響で、ペプシ社は自社の健全なイメージを守るため急遽CM放送を中止した。

その確執があって以来、マドンナはコカ・コーラを支持。インスタグラムに赤い着物姿でコカ・コーラを片手にファンたちの前を歩く自身の写真をアップしていた。

MTV NEWS