2017-02-09
ケシャ、オンライン・ハラスメントのSTOPキャンペーンに参加


Getty Images
ケシャが、ネット上での第三者による悪質なコメントや嫌がらせを指す “オンライン・ハラスメント” 阻止のキャンペーンプロジェクトに参加した。

ケシャはIntel、Vox Media、そしてレディー・ガガ率いるBorn This Way財団により創立された「#HackHarassment」運動に参加。このキャンペーンの目的は、インターネットをもっと包括的にサポートしやすく安全な場所に改善することである。

ケシャは、10代や20代の若者らに向けて、2つの公式サービスのアナウンスビデオを発信した。1作目のビデオでは、静かにたたずむケシャの背後に、グラフィティー文字で書かれた悪口が次々とスクリーンに出現する。2作目のビデオでは、ケシャがカメラに向かってオンライン・ハラスメントの悪質さについて力強く解説をしている。

ケシャはインスタグラムで、このプロジェクトに参加できたことを誇りに思うとコメントした。
「この問題を強く感じているわ。私自身もずっとオンラインで嫌がらせを受けていたから」「私はSNSのおかげで自分が1人じゃないって知っている。インターネットやソーシャルメディアは、人々のつながりを促してくれる大切なものだけれど、その一方ではスクリーンの向こう側で正体を隠して、他人に対して憎しみを露わにしても問題ないと勘違いをしている人もいる。でも、誰もオンラインでいじめを受けるべきではないのよ」と語った。

MTV NEWS