2011-03-25
グウェン・ステファニー、日本の復興支援に100万ドルを寄付


Photo: Jason Kempin/Getty Images for IMG
ノー・ダウトのシンガー、グウェン・ステファニーが、11日に日本で発生した地震・津波の被災者のために、100万ドルを寄付したことが明らかになった。

グウェンは23日、ノー・ダウトの公式サイトを通じて、今回の地震・津波による被害の復興支援のために、NGO団体セーブ・ザ・チルドレンに義援金を送ったことを発表した。

「日本には長年にわたってインスパイアされてきました。日本の人々や文化に対して、真の愛や敬意を抱いています」とグウェンはメッセージを掲載した。

「日本で発生した災害を受けて胸が張り裂けるような気持ちになり、出来る限りのことをして助けたいと思っています。ファンの皆さんの長年に渡る愛や応援なしには、このような意志表示をすることはできませんでした」。

さらにファッション・デザイナーでもあるグウェンは、自身のブランドL.A.M.B.から限定版の「ハラジュク・ラバーズ」Tシャツを販売し、その収益金を義援金として寄付することを明かした。ファンにも行動を起こすよう呼びかけている。

また、チャリティ・オークションを行い、自身と募金を集めるためのイベントに参加する権利を出品するとのこと。詳細は来週にも発表される模様だ。

一方で、インターネットで話題のティーン・シンガー、レベッカ・ブラックも、被災者救援に乗り出した。22日に全米で放送されたトーク番組の中で、話題のシングル「Friday」の収益金を日本の復興支援のために寄付すると発表。Tシャツの売り上げも米赤十字社を通じて寄付する予定だという。

MTV News