2011-03-25
リンキン・パークやB’zが日本のためにプロジェクトを発足

リンキン・パークやB’zなど、多くのアーティストが団結して、地震・津波の被害に遭った日本のためのプロジェクトを立ち上げた。

エンジェルズ・アンド・エアウェーヴズ、サラ・バレリス、B’z、カウンティング・クロウズ、フライリーフ、フーバスタンク、エンリケ・イグレシアス、リンキン・パーク、ペンデュラム、プレイン・ホワイト・ティーズ、ザ・レッド・ジャンプスーツ・アパラタス、ステインド、スラッシュ、エリオット・ヤミン他、そうそうたるアーティストが日本での悲劇に対し、非営利公益法人「ミュージック・フォー・リリーフ」の呼びかけのもと、国際援助団体(NGO)「セーブ・ザ・チルドレン」の緊急援助募金を募集するために集まった。

“ダウンロード・トゥ・ドネート・フォー・ジャパン (日本に寄付する為にダウンロードしよう)”と題されたこのプロジェクトでは、特設ページ(www.downloadtodonate.org)を通じて10ドル以上を寄付することにより、参加アーティストによる、ここでしか手に入らない未発表楽曲集をダウンロードすることが出来る。5月11日まで続くキャンペーンで得られた収益の全額が、国際援助団体(NGO)セーブ・ザ・チルドレンへ寄付される。

参加アーティストの中には、共に日系人であるリンキン・パークのリード・ヴォーカリストの一翼を担うマイク・シノダとフーバスタンクのダグラス・ロブをはじめ、日本で最も売れているロック・バンド、B'z等、日本に直接的な関係を持つミュージシャンも含まれている。

ミュージック・フォー・リリーフの創設者でもあるシノダは、「日本の人たち、特に子供たちは――今後何週間、何ヶ月にも渡る支援が必要となる」とコメント。「何十年にもわたり、災害の犠牲となった子供たちやその家族を支援してきたセーブ・ザ・チルドレンとパートナーシップを組めたことを素晴らしく思っています」と語っている。

B'zの松本孝弘と稲葉浩志は、「私達の国は今、かつてないほどの困難に立ち向かっています。私達の国の美しい家々を再建するためには、どんなことでもやらなければなりません。もしも音楽をプレイする事が、苦境に立たされた人々を救えるのなら、それこそが今、我々に出来る事です。そしてそれこそが、今、我々のやらなければならない事です」とコメントを発表した。

ミュージック・フォー・リリーフは、2010年1月12日に起きたハイチ大地震を緊急支援するために“ダウンロード・トゥ・ドネート”を創設。大地震から1年後に立ち上げられた“ダウンロード・トゥ・ドネート ヴァージョン2.0”は27万ドル以上もの収益を上げた。

「僕らは皆さんに募金を呼びかけています。しかし、情報を広めることしか出来ないという人もぜひ、“ダウンロード・トゥ・ドネート”をFacebookやTwitter他で共有して欲しい。それだけでも十分素晴らしいことだから。そうしたこと全てが支援に繋がるのです」とシノダは語った。

「ダウンロード・トゥ・ドネート・フォー・ジャパン」の詳細はこちらのサイトにアクセス

MTV News