2011-03-17
ブラック・アイド・ピーズ、新作ビデオで被災者にメッセージ


Photo: Frederick M. Brown/Getty Images
巨大地震と津波の被害に遭った日本を助けようと、ハリウッド、そして音楽コミュニティ全体が団結しているようだ。レディー・ガガはチャリティ・リストバンドを販売して既に25万ドル以上を集め、ケイティ・ペリーはコンサート・グッズの売り上げを義援金として寄付すると発表している。

そして今回名乗りを上げたのは、ここ日本でも大人気の4人組、ブラック・アイド・ピーズだ。彼らは新作ミュージックビデオ「Just Can’t Get Enough」を通じて、支援を必要としている被災者への認識を高め、義援金を集めたいと考えている。ゲリラ・スタイルのビデオは震災の僅か1週間前、他でもないここ日本で3日間に渡って撮影された。

「今までで1番楽な撮影だったわ。普段通りに生活している私たちを撮影したんだもの」とファーギーはエンターテインメント情報番組「エンターテインメント・トゥナイト」に語った。

「ツアーで愛する人たちと離れていると、ときに孤独を感じることがある。このビデオではそういう本物の視点が表現されているところが、すごく気に入っているの。それに、私たちと日本の間にある愛や絆も明らかにしている。私たちは今回の災害による影響を受けた全ての日本の方々のことを想っているわ」。

AceShowbiz.comによると、ミュージックビデオでは「このビデオは地震発生の1週間前に日本で撮影しました。僕らは日本の皆さんのことを想い、祈っています。愛しているよ」というメッセージが表示されるという。また、最後に赤十字社への募金を呼びかけているそうだ。

「かねてから日本は地球上でもお気に入りの場所だったから、最高の時間だったよ」とタブーはアメリカ時間の17日に公開されるビデオについて説明した。「日本でビデオを撮影できて最高だった。日本人の皆さんに神のご加護を。僕らから愛を送るよ」。

MTV News