ブギーマンとヒロインの40年越しの対決を描いた『ハロウィン』最新作、予告が解禁!

13 6月 2018
ホラー映画『ハロウィン』シリーズの最新作『Halloween』(原題)の予告編が解禁された。
 


本作は1978年版『ハロウィン』の続編で、殺人鬼ブギーマンことマイケル・マイヤーズと、その実妹ローリー・ストロードの40年越しの対決が描かれる。1978年の10月31日の晩、幼少時の実姉殺害により精神病院に入院していたマイケルが脱走し、ローリーを殺害するべくイリノイ州ハドンフィールドにて殺戮を繰り返す。ローリーは友人達を亡くすもなんとか生き延び、マイケルは死んだと思われたが、その死体が忽然と消滅。そのままエンドロールへと突入したのが1978年版『ハロウィン』だ。

今回解禁となった予告編の冒頭では、1978年10月31日、マイクが犯行現場から逃げた直後に警察に捕まっていたという新たな"その後"が明らかになる。以降40年間、精神異常者が属する刑務所に収監されていたマイク。一方ローレンはマイクに復讐をするため、家の裏庭で戦いの訓練を重ね、「彼を直接殺めるために」マイクが脱獄することを毎晩祈っている。残念ながら彼女の祈りは通じ、マイクは刑務所から逃亡することに成功。40年前に成し遂げられなかったローレン殺害を果たす為にハドンフィールドへと舞い戻り、出会う者や邪魔者を容赦なく殺しまくる。

『ハロウィン』と言えばスプラッター映画を代表するシリーズだが、本作は原点回帰を謳っており、血しぶきや内臓が飛び散るようなグロテスクな描写だけに頼るのではなく、不気味さや緊張感で恐怖を煽っていく方向性だそう。予告編ではその片鱗が伺え、マイクがトイレの個室にいる女性を襲う際に、ドアの外から血まみれの人間の歯をパラパラと落とすなど、言いようのない気味悪さを漂わせたシーンも挿入されていた。

キャストは1978年版『ハロウィン』同様、ニック・キャッスルとジェイミー・リー・カーティスが揃い踏み。それぞれマイケル、ローリーを演じる。『ロード・オブ・クエスト ドラゴンとユニコーンの剣』のコンビ、デヴィッド・ゴードン・グリーンが監督/脚本を、ダニー・マクブライドが脚本を担当し、シリーズの生みの親ジョン・カーペンターは音楽を担当する。

『Halloween』は10月19日(金)に全米公開。

(C)YouTube
Category:

Latest News

ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー、新MVはハロウィンテイスト!

Music

脚本家が告白!バートとアーニー、実は同性カップルだった?!

Show

フェイマス・デックスはいつでも”クマのぬいぐるみ”と一緒!

Music

クリッシー・テイゲン、実は“テイゲン”じゃなかった!

Celeb

2018年「第70回 エミー賞」受賞結果を発表!

Movie

イル・ディーヴォ、ジャパンツアーが武道館からスタート!

Music

カイリー・ジェンナー、親友とのコラボコスメコレクションを発表!

Celeb

気まずい…破局前に撮影したラブラブなMVが公開に

Music