ルビー・ローズ、バットウーマン役に大抜擢!

9 8月 2018
今年7月、CWテレビジョンネットワークがDCコミックス原作によるドラマ『THE FLASH / フラッシュ』 『ARROW/アロー』 『レジェンド・オブ・トゥモロー』 『SUPERGIRL/スーパーガール』のクロスオーバーイベントとして、各作品にバットウーマンを新登場させると発表していたが、その役をクィアアイコン=ルビー・ローズが務めることが明らかになった。2019年にはバットウーマンを主役に据えたドラマも予定しているという。

『トリプルX:再起動』や『MEG ザ・モンスター』、『John Wick 3: Parabellum』などの作品でアクションシーンをこなしてきたルビーならばゴッサム・シティでも暗躍できるはず。また、バットウーマンはテレビドラマ史上初のオープンなレズビアンスーパーヒーローであることからも、クィアだと公言しているルビーに白羽の矢が立ったそう。

今回の大抜擢についてルビーはインスタグラムにて「すごく興奮しているし名誉なことだって思ってる。それに涙腺が崩壊しそう…だって子供の時からの夢だったから。私がLGBTコミュニティの中でも若いメンバーだったとき、(クィアヒーローは)テレビには全く登場せず、自分は他の人たちと違うし孤独なんだと感じていて。これはテレビの中でものすごく見たかったものなんだ」とコメント。
 


公式情報によると、バットウーマンことケイト・ケインはストリートファイトで鍛えてきたレズビアンで「正義感が強く自身の意見や信念を持って」、ゴッサム・シティを随時パトロールし街の平和を守っている人物。だが、彼女自身が秘めている悪の心に打ち勝たねばならないとも記載されており、影のあるキャラクターとして描かれるようだった。

『ARROW/アロー』の世界でバットマンに関する話題も出ていたこともあり、今回の発表でゴッサム・シティの存在も明確になったことで、バットマンの登場にも期待したいところだが、一連のドラマ作品にバットマンが出てくるかどうかは未だ定かではない。また、その他ゴッサム・シティの住人としてバイセクシャルな女泥棒キャットウーマンなどが登場するかも不明だ。
 
 

Arrowさん(@cw_arrow)がシェアした投稿 -



なお、バットウーマンの登場シーンにおいては、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』で知られるキャロライン・ドリーズがエグゼクティブプロデューサー兼脚本を務め、『ARROW/アロー』のグレッグ・バーランティが『THE FLASH / フラッシュ』のサラ・シェター、DCコミックスのライター=ジェフ・ジョンズとともにプロデュースを行うとのこと。


(C)Brad Triffitt / DC Comics
Category:

Latest News

ニッキー、二転三転するネット民の意見に苦言

Celeb

今年6月に逝去したXXXテンタシオンの3rdアルバム詳細が解禁に

Music

『チャイルド・プレイ』生みの親、リブートに憤怒

Movie

Netflix人気ドラマ2作品が融合!?

Show

オフセット、カーディ・Bのステージに乱入し復縁迫る!

Celeb

ベネディクト・カンバーバッチ、新しい役柄で髪型を一変!

Show

2018年MTVで最も放送されたMVは?

Music

アクアマン、“ハカ”でブルーカーペットを制する

Movie