コートニー・ラブ、亡き夫カート・コバーンの幽霊に会っていた!

13 6月 2019
コートニー・ラブが、1994年に他界した夫カート・コバーンの幽霊に会い、話しかけられたことがあると暴露した。

Interview Magazineのインタビューにて様々な著名人からの質問に応じていたコートニー。俳優のジョシュア・ブーンから「幽霊を見たことがあるか」と尋ねられた際、元恋人で俳優のエドワード・ノートンと新しい家へ引っ越した際にカートの幽霊を見たと、次のように回答したのだ。

「ハンコック・パークの家にフランシス(カートとの娘)とエドワードと引っ越した時、一瞬だけ、ぼんやりとしたカートの姿を見たの。彼は私に"ハイ"と声をかけて消えてしまったわ」

世界的ロックバンド=ニルバーナのフロントマンであったカートは、1992年にコートニーと結婚、同年8月に娘のフランシス・ビーン・コバーンをもうけている。しかし1994年、カートは27歳の時に自殺し帰らぬ人となってしまった。

同インタビュー内でコートニーは、「お気に入りのライヴは」とケイト・モスから聞かれると、カートと共演したライヴだと答えた。

「ウィスキー・ア・ゴーゴーで、何だかとんでもないライヴイベントがあったのよ。確か1991年よ。冬だったと思う、ニルバーナの『Nevermind』が発売された直後。「Smells Like Teen Spirit」がK-Rockで1週間に50回も流されてるような時期だったわ」

「大事な時期だった。その後バンドがどれほどビッグになっていくか、誰も予想が出来てなかったと思うけど。のちに私の夫となるカートがステージに姿を現したの。とても美しいカウボーイハットをかぶって、レザーのコートを着ていたわ。彼はまるでモーゼが海を割ったように、観客を2つに割ったのよ。私はホールの皆と演奏中だった。ヒドイ有様だったのよ、私たち。でもみんなでヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「Pale Blue Eyes」を演奏して――確か1、2回しか練習してなかったと思うけど――完璧なパフォーマンスを見せた。素晴らしかったわ。約4分間ほど、私たちは完璧なバンドだった。そうね、それよ。それこそお気に入りのライヴ。1991年にハリウッドで、青い目をした私の美しいカートと演ったライヴ。私たちは一緒に、会場中の観客を最高潮に達するまで盛り上げたの」


Category:

Latest News

ニッキー・ミナージュ、マイリー・サイラスへの反撃を開始!

セレブ

リアム・ギャラガー、息子の退学処分を「誇りに思う」

セレブ

アリアナ、精神状態を考慮し追加公演はアメリカ限定に

音楽

『小悪魔はなぜモテる?!』のスピンオフ、制作が進行中!

映画

ドレイク、ニューアルバム制作に着手へ?

音楽

「MTV LIVE PREMIUM」 にベリーグッドマンの出演が決定!

ニュース

さらばキッス!史上最大規模のファイナル・ツアー、12月に日本上陸決定!

音楽

フレディ・マーキュリー、幻の未発表曲がリリース!

音楽