エドガー・ライト監督、ヒット作の続編の可能性を匂わす

3 7月 2018
カーチェイス版『ラ・ラ・ランド』とも称された大ヒット映画『ベイビー・ドライバー』の続編の可能性が浮上してきた。本作は、音楽を聴くと天才的なドライビング・センスを覚醒させる犯罪組織の敏腕ドライバー、ベイビーの物語。音楽との相乗効果による見応えあるアクションシーンが満載で、全米映画批評No.1サイトRotten Tomatoesにて驚異のフレッシュ度100%を叩き出していた。

先日、本作の生みの親である監督兼脚本家のエドガー・ライトがツイッターにて、「お誕生日おめでとう、ベイビー」と書かれたイラスト画像とともに「『ベイビー・ドライバー』の公開日から1年経過。365日間ワイルドに走り続けてきたよ。皆からの素晴らしい反響はとても意義があるもので、改めて感謝するよ。あともしかしたら、彼はまもなく戻ってこれるかも…」とコメント。続編があることを匂わせていた。
 

以前から続編の制作を熱望していたエドガーは、昨年12月には「現在話し合っていて、契約内容を煮詰めている段階さ」 「だからこのままうまくいけば、少なくとももう1本、脚本を執筆することになるよ。僕にはたくさんのアイデアがあるんだ」と述べ、すでに続編に関する商談を進めていたことを明らかにしていた。

(C)Sony
Category:

Latest News

トラヴィス・スコットが数学の先生に転身?!

Music

ラナ・デル・レイ、ストーカー被害について心境語る

Celeb

キム・カーダシアン、リアーナをパクる?

Celeb

ポスト・マローン×スワエ・リーによる新作『スパイダーマン』曲が解禁!

Music

ジャスティン×ヘイリー、裁判所結婚のアイデア源は?

Celeb

マーティン・ギャリックス、マイク・シノダ参加の新EPリリース!

Music

ハロウィンに推奨!VODで観られる定番ホラー最新作

Movie

アリアナとピート、ヨリを戻す確率は?

Celeb