ハーレイ・クインのスピンオフ映画が歴史的なものに?

19 4月 2018
『スーサイド・スクワッド』で一躍人気キャラとなった女性ヴィラン"ハーレイ・クイン"のスピンオフ作品の制作について、中国出身の映画監督、キャシー・ヤンと交渉中ということをイギリスのコミック雑誌Deadlineが明らかにした。

もし今回の交渉が通った場合、ヤンはスーパーヒーローものの映画作品を手がける初のアジア女性となる。DCコミックス(ワーナー・ブラザーズ)関連でいえば、数週間前、非白人女性であるエイヴァ・デュヴァーネイが『The New Gods(原題)』の監督に抜擢されたニュースが報じられたばかり。また、昨年、パティ・ジェンキンスが監督を務めた『ワンダーウーマン』が全米ボックスオフィスで歴史的な記録を残したことも記憶に新しい。

DCさん(@dccomics)がシェアした投稿 -



現在報じられているのは、ハーレイ・クイン役を演じたマーゴット・ロビー自身が本作の制作は女性監督で進めることを推したうえ、自身の制作会社「LuckyChap Entertainment」でプロデュースをするということ。そしてキャシー・ヤンは、企画倒れとなった『Batgirl』復活プロジェクトでジョス・ウィードン監督に雇われていた、女性脚本家クリスティーナ・ホドソンをチームに入れるつもりということだ。

DCコミックス作品『Birds of Prey』をベースに制作される本作には多くの悪女たちに加え、バーズ・オブ・プレイのメンバーであるバーバラ・ゴードン(バットガール)、ブラックキャナリー、ハントレスなどDCコミックスにおける何人かの伝説的な女性キャラクターたちが登場するそう。これらのキャラクターたちがキャシー・ヤンの初期構想段階でどれぐらい作りこまれていたかは不明だが、クリスティーナ・ホドソンが『Batgirl』の脚本に取り組んでいたこともあり、今回の作品でバットガール初お披露目という可能性はある。なお、本作は年末に制作がはじまる見込みだ。



同じくヒーロー映画で快進撃を続けるマーベルに対し、今回の動向はDCコミックスが打ち勝てる決定的な動きになるかもしれない。DCコミックスは映画業界において、カメラの前でも裏側でも多くの女性たちが活躍できるよう、女性のスーパーヒーローをただ主役にするだけでなく、女性のクリエイターたちに投資することを重要視していることが明らかになったからだ。

@margotrobbieがシェアした投稿 -



マーゴット・ロビーによると、ワーナー・ブラザーズとマーゴットの間では他にもハーレイ・クインが主役になったプロジェクトがいくつか進行しており、そのなかにはデヴィッド・エアー監督による『Gotham City Sirens』(キャットウーマン、ハーレイ・クイン、ポイズン・アイビーからなるスーパーヴィランたちを描いたもの)や、ジョーカーとハーレイ・クインの狂気じみた関係性を描いた作品があるのだという。

(C)Getty Images

Latest News

ALEX YORKのワンポイント英会話 第03回「桃太郎の歌 パート③」

連載・コラム

ビリー・アイリッシュ、新曲「everything i wanted」をリリース!

音楽

カミラ・カベロ&ショーン・メンデス、一緒に新しいタトゥーを入れる?!

セレブ

デイヴ・グロール、『セサミストリート』へ特別出演!

ドラマ

ラウヴ、レイニーをフィーチャーした新曲をリリース!

音楽

ジャスティン・ビーバー、2020年夏にツアー開催か?

音楽

デミ・ロヴァートの新恋人オースティン・ウィルソンとは?

セレブ

マシュメロ、ヤングブラッドとブラックベアを招いたロックな新曲を配信!

音楽