TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI

14 12月 2018
音楽シーンに突然現れその型破りな音楽性、独創的な歌詞、メンバー4人の個性溢れるキャラクターで瞬く間に新世代を象徴するバンドとなった SEKAI NO OWARI。これまでも過去の日本のバンドシーンの常識にまったくとらわれない大胆で驚きに満ちた活動を展開してきた4人が、遂に映画の世界へと乗り出した。監督を務めたのはフランス在住の映像作家ラファエル・フリードマン。海外のクリエイターを抜擢した理由について、Fukaseは「SEKAI NO OWARIのことをほとんど知らない監督に、感じたままの僕らの姿を撮ってほしかった」と語っている。その言葉通り、フリードマン監督は SEKAI NO OWARIに何の先入観も持つことなく、ライブのリハーサルと本番、打ち上げの様子、そして東京での日常といった、彼らのありのままの姿をファンタジックな映像でとらえている。また、そうしたいわゆる"ドキュメンタリー作品"としての要素だけではなく、4人それぞれのイメージシーンやショートストーリー、さらにはアニメーションが随所に挿入されていて、作品全体がまるでまどろみながら浅い夢を見てるような不思議な感覚に溢れている。『TOKYO FANTASY』という彼らが掲げるテーマを映像で体現した SEKAI NO OWARI 初の映画をMTVでオンエア。

<リピート放送>
1月26日(土)18:00-19:30

Latest News

ザ・ウィークエンド、“ジョージ・フロイド事件”を受け約5千万円を抗議団体に寄付

音楽

リア・ミシェル、人種差別が告発されミールキット会社からパートナーシップを解約される

ドラマ

ジェイソン・ムラーズ、ティファニー・ハディッシュとタグを組んだ新曲を公開!

音楽

レディー・ガガとアリアナ・グランデ、「Rain On Me」で新記録を樹立!

音楽

ミスフィッツの元ドラマー、ジョーイ・イメージが63歳で死去

音楽

『バットウーマン』、主演女優の続編出演辞退を受け、新しいキャラクターを生み出す

映画

フジロック出演のファンタスティック・ネグリート、新曲「How Long?」のMVを公開

音楽

ナタリー・スレイド、満を持してデビューアルバム『Control』をリリース!

音楽