メタリカのドラマー、ジェイムズ・ヘットフィールドのリハビリ治療の進捗を報告

16 10月 2019

アルコール依存症の治療のため更生施設に入ることを決心し、今秋行われる予定だったオーストラリアとニュージーランドでの公演を延期したメタリカ。現在ジェイムズはどんな様子であるか、バンドのドラマーであるラーズ・ウルリッヒが進捗を報告してくれた。
 
スリップノットをオープニングアクトに据え開催される予定だったオーストラリアとニュージーランド公演だったが、バンドは9月28日に公演延期の声明をSNS上で発表。フロントマン、ジェイムズの依存症治療を再開するためだと説明していた。
 




そして今回USA Todayのインタビューに応じたラーズは、プライバシーを尊重しながら現在のジェイムズの様子を次のように語った。
 
「今ジェイムズは、彼が必要とする処置、つまりは治療の段階を踏んでいるところなんだ。オーストラリアとニュージーランドの皆には本当に申し訳ないと思っているけど、バンドとして全力を出せる状態になれること、そして以前よりもよりたくましく健康的な状態でカムバックを果たせることを楽しみにしているよ」「この道筋がデコボコ道なのは言うまでもないね。だけど、僕たちはこれまで素晴らしい旅をしてきたし、今後またその旅の続きができることを楽しみにしてる。来年にはそうできたらと思うよ」
 
「最も驚いたことは、(ジェイムズの更生施設入りを発表した後に)ファンや友人、同業者たちから前向きな言葉をかけてもらったことかな。とても心が温まったし、公演延期の発表をした週は多くの愛と感謝とサポートを受けて、かなりびっくりしたよ。とても素晴らしいことだと思う」




Category:

Latest News

ピンク、BLM運動に関するビリー・アイリッシュの意見に反対する人々を一蹴!

音楽

キム・カーダシアン、写真に写る娘の体にも手を加え非難の嵐

セレブ

ギャランティス、シップ・レックとピンク・スウェッツを迎えた新曲「Only A Fool」を公開!

音楽

コール・スプラウス、「Black Lives Matter」抗議デモに参加し逮捕されていたと告白

音楽

若い頃のチェスター・ベニントンがニルバーナの「Polly」を歌う動画が発掘される

音楽

ヴィクトリア・ベッカム、スパイス・ガールズの再結成に参加せずとも1.3億円を稼ぎ出す?!

音楽

次世代ポップ・プリンセスのグリフ、新曲「Forgive Myself」を解禁!

音楽

アレック・ベンジャミン、待望のデビューアルバムが遂にリリース!

音楽