元共演者から人種差別的行動を告発されたリア・ミシェル、謝罪の声明を発表

4 6月 2020

ドラマ『glee/グリー』のシーズン6に出演していたサマンサ・ウェアが、共演したリア・ミシェルから人種差別的な扱いを受け精神的に追い詰められたと告発した件を受けて、リアが謝罪の声明を自身のSNS上に投稿した。
 
この件は、先月末に米ミネアポリスにて起こった"ジョージ・フロイド事件"を受け、人種差別に反対する意思をリアがツイッター上で示した際、元共演者のサマンサが「大爆笑。私の人生初のテレビ出演を生き地獄のようにしてくれたのを忘れちゃったのかしら?私は絶対忘れないわ。あなたは皆に、出来るものなら私のウィッグの中に"クソしてやりたい"って言って回ってたわよね。トラウマになるような自覚なき差別の対象となって、私はハリウッドでキャリアを築いていくことに疑問を持つようになったわ」と、ドラマの収録中にリアから人種差別的な扱いを受けたことを告発。
 



その後、同ドラマのキャストであるアレックス・ニューウェル、ダビエ・スネル、アンバー・ライリーもサマンサのサポートに回り、当時のリアの横暴な態度について指摘したのだった。
 
そして6月3日、リアはインスタグラムを更新し、今回の人種差別的行動に関する告発について言及。次のように謝罪の言葉を綴った。(一部抜粋)
 
「先日私は、この難しい時期の最中でも、友人や隣人、そしてそれぞれのコミュニティーに属する人々をサポートする姿勢を見せるためにツイートをしました。だけどそれに対する反応を受け、過去に私が共演者にどんな態度を取ってきたのかという点について考えさせられました」「私自身、人種差別と捉えられるような発言をした覚えはなく、また肌の色や育ってきた環境を基準に人を見下すような態度を取ったことはありませんが、大切なのはそこではなく、私の振る舞いが原因で傷ついた人が実際にいたということです」
 
「私が優遇される立場に置かれていたからなのか、それとも物事の見方が原因なのか、皆さんにはとても無神経で失礼な人間だと思われたようで、また、未熟さゆえに扱いづらい人間だとされ、多くの人を傷付けてしまったことを申し訳なく思っています」「私たちはみんな、成長し変わることが出来ます。私はこの数か月間に起こったことを通して、自分の欠点について反省したいと思います」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lea Michele(@leamichele)がシェアした投稿 -


 
これに反応を示したのは、ブロードウェイの舞台『Spring Awakening』でリアと共演したジェラルド・カノニコで、「君は僕や代役のキャストたちにとって、まさに悪夢のような存在だった。君には、まるで僕たちはその場にふさわしくないと言われているような気分にさせられていたよ。何年間も君に親切にしようと試みたけど、それも無駄に終わった。他の人が君のことを"どう受け止めるか"という点に責任を押し付けるんじゃなく、ちゃんと謝ったらどうだ?」と、謝罪文を目にしてもなおリアが責任逃れをしているように感じると指摘していた。
 



Category:

Latest News

『glee/グリー』女優のナヤ・リヴェラ、息子と湖に出かけ行方不明に

ドラマ

カニエ・ウェストの家族や友人ら、大統領選出馬表明は躁うつ病が原因と心配する様子を見せる

音楽

クリス・エヴァンスに熱愛の噂!リリー・ジェームズとロンドンで公園デート

映画

ジュース・ワールド、マシュメロとのコラボ曲「Come & Go」を緊急リリース!

音楽

マイ・モーニング・ジャケット、あの名盤と対をなす新作『The Waterfall II』を発表!

音楽

チャーリー・ダミリオ、公の場で破局劇を繰り広げ「子供じみていた」と謝罪

セレブ

ダウズ、11年ぶりとなる新作から先行シングル「Prisoners」をリリース!

音楽

実写版『ピーター・パン』、フック船長役としてジュード・ロウが候補に?!

映画