ジェームズ・ガン、自身のマーベル作解雇騒動について語る

17 5月 2019
ジェームズ・ガンが自身の解雇騒動について口を開いた。昨年、小児性愛や同性愛、レイプなどをジョークにした過去のツイートが原因で解雇されたガンだが、ウォルト・ディズニー・スタジオから『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ第3弾の監督として再雇用された今、当時について振り返っている。

事件後初となるデッドラインのインタビューで、ガンはこう話している。
「これに関しては、酷いことをしたと思っているし全面的に責任を認める。ディズニーは僕を解雇する権利があった。だから、これは言論の自由の問題ではないんだ。僕はディズニーが好まない発言をして、彼らは僕を解雇する権利があった。何の議論もなかったよ。僕の人生の中で最も強烈な出来事だったと言える。若い頃にシラフになったことや友人が自殺したことなど人生の中で他にも大変な時はあった」「でも、これはかなり強烈だった。当時、突然何もかも失ったようだった。自分が解雇されたことは分かっていたけど、あまりにも突然の出来事だった。自分のキャリアが終わったように感じたよ」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2012. Oh what a long and winding road it has been! ❤️ #endgame

James Gunnさん(@jamesgunn)がシェアした投稿 -



解雇当時、ブラッドリー・クーパーやクリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、カレン・ギラン、ヴィン・ディーゼル、デイヴ・バウティスタら『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の出演陣がガンの復帰を支持するオープンレターを公開していた。

「恋人のジェニファー(ホランド)やプロデューサー、エージェント、そしてクリス・プラットから電話をもらったけど、皆ひどく動揺していたよ。ゾーイ・サルダナやカレン・ギランは泣きながら電話をかけてきた。友人や家族、コミュニティの人たちからの愛には、本当に圧倒されたよ」とガンは続けている。

来年撮影開始予定の同シリーズ第3作の前に、ガンには『スーサイド・スクワッド』続編の制作が控えている


Category:

Latest News

ニッキー・ミナージュ、マイリー・サイラスへの反撃を開始!

セレブ

リアム・ギャラガー、息子の退学処分を「誇りに思う」

セレブ

アリアナ、精神状態を考慮し追加公演はアメリカ限定に

音楽

『小悪魔はなぜモテる?!』のスピンオフ、制作が進行中!

映画

ドレイク、ニューアルバム制作に着手へ?

音楽

「MTV LIVE PREMIUM」 にベリーグッドマンの出演が決定!

ニュース

さらばキッス!史上最大規模のファイナル・ツアー、12月に日本上陸決定!

音楽

フレディ・マーキュリー、幻の未発表曲がリリース!

音楽