スピルバーグ監督版『ウエスト・サイド物語』、主役が発表に!

4 10月 2018
『きっと、星のせいじゃない。』や『ベイビー・ドライバー』で知られる若手俳優アンセル・エルゴートがリメイク版『ウエスト・サイド物語』の主人公トニー役を務めることが明らかになった。

via GIPHY


1961年に公開された『ウエスト・サイド物語』はウィリアム・シェイクスピアによる戯曲『ロミオとジュリエット』を元にしたブロードウェイ・ミュージカルの映画化。ポーランド系アメリカ人による不良グループ=ジェット団を率いるリフの親友トニーと、ジェット団と敵対しているプエルトリコ系アメリカ人による不良グループ=シャーク団を率いるベルナルドを兄に持つマリアの悲恋が描かれている物語だ。

来年の夏から撮影開始予定のリメイク版映画はスティーブン・スピルバーグが監督を務め、ピュリッツァー賞作家であるトニー・クシュナーが脚本を担当すると報じられている。現在、アンセル以外のキャストたちはまだ発表されていない。

アンセルといえば、アンソロ名義でDJとしても活動しており、2015年に大手<アイランド・レコード>よりデビューを果たし、都市型EDMフェス「ウルトラ・ジャパン」にも出演。数年前から歌手としても楽曲を発表しており、深みのあるヴォーカルが評判になっていた。





トニー役でも素晴らしい歌声を披露してくれることだろう。


(C)FilmMagic
Category:

Latest News

ビリー・アイリッシュ、アリアナ・グランデに感謝

Music

トラヴィス・スコット、寄付金で中絶禁止法に抗議

Celeb

エイミー・シューマー、出産からわずか2週間でステージ復帰

Celeb

イタリアンレストランに食べられるレオナルド・ダ・ヴィンチが登場!

Culture

『ジョン・ウィック:パラベラム』、『アベンジャーズエンドゲーム』を抑えて首位

Movie

ウーピー・ゴールドバーグ、30パーセントの確率で死んでいたかも!?

Celeb

ジョニー・デップ、法廷で自らアンバー・ハードを非難

Movie

ドレイク、高校時代のメモ帳が高額で売りに出される

Celeb