ドレイク、3年の時を経てミーク・ミルと和解

12 9月 2018
約3年間、お互いをディスりあっていたドレイクとミーク・ミルがボストンのTDガーデンにて共演、和解を果たした。

もともと友好関係にあった二人だが、2015年7月にミークがドレイクに対して、"彼はラッパーのクエンティン・ミラーをゴーストライターとして雇って歌詞を書かせている"と批判したことが発端で仲違い。その後はドレイクが「Back to Back」で反撃するなど、楽曲を通してディスり合いが続いていた。

だが、2017年11月にミークが保護観察違反で実刑判決を受けて服役し始めたころ、彼の逮捕は不当な判決だとしてドレイクはミークを支持する発言をし、それを受けてか、ミークも保釈後に出演したラジオ番組にて「ドレイクは(2人の関係に)風穴を開けてくれたんだ。既に起きた事は仕方ない。もう俺らは過去を振り返らないし、多分次に会う時はお互い助け合っていくと思う。次に進まなくちゃ」とコメント。5月にはコラボ曲の噂も流れはじめ、関係が修復されたのではないかと言われていた。

そんな時を経て訪れたのがこの日の和解だ。ドレイクの「Aubrey & The Three Migos tour」にゲスト出演したミークは、自身の楽曲「Dreams and Nightmares (intro)」をパフォーマンス。ドレイクはミークが登場したときに彼と握手を交わし、その後はミークのラップを口ずさみながら嬉しそうに会場を煽り、最後にはミークと全力でハグ。感動的な和解の瞬間に会場からは歓声が鳴り止まなかった。



ドレイクはこのときの写真をインスタグラムに投稿し、「今夜のこの瞬間、俺の心は平和になったんだ。傷を癒して前に進むのは、俺のキャリアのなかで幸せで衝撃的な出来事だったよ。ミーク・ミル、お前が戻ってきたことが嬉しいし、これでまた一緒にやることができるな」とキャプション。この投稿にはコメディアンのケヴィン・ハートが「男として成長したね」とコメントするなど、エンタメ業界のセレブたちも二人の和解を祝福していた。
 
  


(C)Getty Images
Category:

Latest News

ALL OF THE BEST OF MTV 2018

Special

プレイバック! 僕と私の青春ソング

Special

今年の音楽シーンを総括! 2018年ベストアーティスト20

Special

KOREAN MIX SPECIAL: 歴代ヒッツ5時間スペシャル

Special

星野源 SPECIAL

Special

RADWIMPS SPECIAL

Special

宇多田ヒカル SPECIAL

Special

サザンオールスターズ SPECIAL

Special