カイリー・ジェンナー、年間売上の金額を偽ったと指摘したForbesに反論!

1 6月 2020

2018年8月、経済誌Forbesは、「最も稼いだアメリカの女性起業家60人」の一人としてカイリー・ジェンナーを選び、"自力で億万長者"という表現を用いて彼女を賞賛した。あれから2年――同誌はこの時カイリーと母であるクリス・ジェンナーに提出してもらった会社の年間売上表の数字に偽りがあったとして、今回カイリーを"ビリオネア・リスト"から削除。二人を咎める告発を行った。
 
同誌によれば、当時カイリーとクリスは、同誌のスタッフを自宅と公認会計士のオフィスに招待。その時二人はスタッフに、カイリーが運営する会社の2016年から2018年までの年歳入を記載した書類を見せたのだが、その金額はいずれも1年あたり3億700万ドル~3億6,000万ドル(約307億円~360億円)だったという。
 
しかし今回Forbesは二人の嘘を告発する記事の中で、実際の年歳入は、2016年については明かしていないものの、2018年は1億2,500万ドル(約125億円)、2017年は1億7,700万ドル(約177億円)であったことが判明したと説明。また、カイリーの収入と総資産の数字を大きく見せるため、納税申告書を偽造するよう会計士に命じたのだと綴った。
 
これを受け、カイリーは弁護団を通して反論。代理人のマイケル・カンプは、「今回のForbesの記事には、あからさまな嘘ばかりが綴られています。カイリーが納税申告書を偽造したとありますが、まったくのデタラメです。我々はForbesに対し、記事やその他の声明の中で語った内容を早急に撤回するよう求めます」とコメントを発表している。
 
またカイリー本人も、「Forbesの記事には、不実な記載や事実だと証明されてない主張ばかりが並んでる。私はこれまで、肩書になんてこだわってこなかったし、そのために嘘をついたりなんてしたことない」「まぁいいわ。私には美しい娘がいて、ビジネスでも成功を収めてるから、全然大丈夫。どれだけ資産を持ってるかについて固執するよりもはるかに大切なものを、100個はリストにすることができるわ」とコメントし、彼女の人生において"ビリオネア"かどうかは大切ではないと主張したのだった。
 

 



Category:

Latest News

『glee/グリー』女優のナヤ・リヴェラ、息子と湖に出かけ行方不明に

ドラマ

カニエ・ウェストの家族や友人ら、大統領選出馬表明は躁うつ病が原因と心配する様子を見せる

音楽

クリス・エヴァンスに熱愛の噂!リリー・ジェームズとロンドンで公園デート

映画

ジュース・ワールド、マシュメロとのコラボ曲「Come & Go」を緊急リリース!

音楽

マイ・モーニング・ジャケット、あの名盤と対をなす新作『The Waterfall II』を発表!

音楽

チャーリー・ダミリオ、公の場で破局劇を繰り広げ「子供じみていた」と謝罪

セレブ

ダウズ、11年ぶりとなる新作から先行シングル「Prisoners」をリリース!

音楽

実写版『ピーター・パン』、フック船長役としてジュード・ロウが候補に?!

映画