2018-02-13
テイラー、エド・シーランと共演した「End Game」MVの舞台裏ムービーを公開


YouTube
約1か月前に最新シングル「End Game」をリリースしたテイラー・スウィフトが、同曲ミュージックビデオの舞台裏ムービーを2月9日に公開した。

「End Game」はフューチャーとエド・シーランがフィーチャリングした豪華ナンバー。マイアミと東京、ロンドンの3都市が舞台となったMVでは、マイアミ編にフューチャーが、東京とロンドン編にはエド・シーランが登場している。テイラーとエドはプライベートでも仲の良い親友として知られており、舞台裏ムービーでは互いをジョークで笑わせたり羽目を外しすぎて相手を怒らせるなど、2人の微笑ましい友情を垣間見ることができる。

2人は、エドが同曲でラップ風パフォーマンスを披露することになった経緯について「ニューヨークで起床して、何か夢を見た後だったんだよね。そんな状態の頭で僕のパートを書いたんだ」 「そうよ、だから別に才能とかではなく、単に偶然そうなっただけなのよね」 「うん、そうさ。特に意味はなくて、とにかく夢を見て寝ぼけてたんだ」と明かしている。

エドはまた、同曲で登場する「嵐の後には、7月4日に何かが生まれるんだ」という歌詞の裏話について、「トム・クルーズの映画でも『7月4日に生まれて』ってタイトルがあっただろう?言葉遊びのようなものなんだ」と明かすと、婚約者のチェリー・シーボーンと恋に落ちた日がその日だったからだと思っていたテイラーは、「え、そんな理由だったの?!」と驚愕のリアクションを見せていた。

その他、テイラーとフューチャーが笑い合う姿やテイラーがエドのイギリス訛りをマネする姿、そして彼らの肩にフライドポテトを置いてふざけるシーンなどが映し出されており、煌びやかなMVと違って舞台裏は終始アットホームな空気だったことが伝わってくるだろう。

MTV NEWS