2018-02-09
ラナ・デル・レイ、誘拐未遂事件後のアトランタ公演ステージで感極まって号泣


Getty Images
2月2日に誘拐未遂事件のあったラナ・デル・レイが、ツアーを続投してアトランタ公演を開催。何事もなかったかのように気丈に振る舞おうとしていたものの、オープニングのトークで感極まって涙する一幕があった。

この事件は、ラナの熱狂的ファンと思われるフロリダの男性がFacebookで「金曜日に僕のクイーンに会いに行きます。その日から僕らの決断は一体となるのです」などとラナ誘拐計画を示唆する不気味なメッセージを投稿、その後オーランド公演の当日に会場周辺でナイフとチケットを所持しているところを地元の警察によって逮捕されたというもの。

ラナはこの日まで事件に関するコメントは控えていたが、ステージに立つと涙をこらえることができず「自分が思っていた以上に少しエモーショナルになってしまって。オーランドであんなことが起こった後だったから、今夜あなた達と一緒にここで過ごせる時間が待ち遠しくてたまらなかったの」と告げて、頬をつたう涙を拭きながら腰を下ろした。

そんなラナに観客たちが「We love you!」と励ましの声援を送ると、ラナは「私は本当に大丈夫だから。だけどステージに入る時は少し緊張してしまったの。これだけは言わせてね、こうしてあなた達と一緒にいられることをとても嬉しく思っています。今夜はお付き合いよろしくね」と話すと、観客席からは大きな歓声と拍手がわいていた。

MTV NEWS