2017-11-14
EMAの前夜祭「MTV Presents Trafalgar Square」にU2とデヴィッド・ゲッタが出演!


Getty Images
2009年のEMAでパフォーマンスをしてから8年、今年は特別賞の「グローバル・アイコン賞」を受賞したU2がEMAの前夜祭としてロンドンのトラファルガー・スクエアで開催された「MTV Presents Trafalgar Square」に出演。メンバーの平均年齢が56歳とは思えない程、エネルギッシュでパワーに満ち溢れた演奏を披露した。

U2の代表曲「Sunday Bloody Sunday」と共に幕を開けたステージでは、その後も「Beautiful Day」や「One」、「Pride (In The Name Of Love)」や「Elevation」といったヒット曲を続々とパフォーマンス。今年12月にリリース予定の最新アルバム『Songs Of Experience』からも「You’re The Best Thing About Me」や「Get Out Of Your Own Way」など新曲を惜しげなく披露し、無料エントリーチケットを手に入れたラッキーな観客たちにとって、生涯忘れることのない特別な一夜を演出したのだった。

しかし夜はここで終わらない。会場の興奮が冷めやらぬうちにステージに登場したのが、フランス人DJ / 音楽プロデューサーのデヴィッド・ゲッタ。U2のパフォーマンスで熱量が一気に上がった観客たちは、デヴィッドにより巨大なパーティー会場と化したトラファルガー・スクエアで、サウンドに身を任せて我を忘れて踊り始める。

1時間ほど続いたパフォーマンスでは、デヴィッドは容赦なくヒット曲を披露。ステージの真後ろにたたずむネルソン記念柱の上からネルソン提督が群衆を見渡す中、レーザービームが会場を駆け巡り、スモーク・キャノン砲を観客に浴びせ、夜空へとまっすぐ伸びるような炎がステージ上で燃え上がるなど、派手な演出でさらに観客を煽っていく。

2007年にクリス・ウィリスを迎えリリースされた「Love Is Gone」は、10年経った今でも色褪せることないダンス・チューンとしての威力を見せつける。また、ニッキー・ミナージュ、アフロジャック、ビービー・レクサとコラボした「Hey Mama」や、ジャスティン・ビーバーをフィーチャーした「2U」など最近の曲もセットリストに加え、最後には2011年に発表した「Without You」でステージを締めくくる。いつの時代もクラブシーンを牽引してきたデヴィッドの実力を見せつける、見事なパフォーマンスとなった。

イベントの模様は今後日本でも放送予定。放送日時などの詳細は近日発表予定だ。

MTV NEWS

関連番組
2017 MTV EMA Main Show
字幕なし 11/14 [火] 21:00-23:00 ほか
字幕あり 11/18 [土] 21:00-23:00 ほか

2017 MTV EMA Pre-Show
字幕あり 11/18 [土] 20:00-21:00 ほか