2017-05-19
ジャスティン・ビーバーが新たな偉業を成し遂げる!


Getty Images
ジャスティン・ビーバーがコラボした新曲2曲が、入れ替わりで2週連続チャート1位を獲得するという歴史的快挙を成し遂げた。

Billboardによると、先週はDJキャレドとコラボの『I’m the One』が初週でチャート1位に初登場し、今週はルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキーとコラボの『Despacito リミックス』が入れ替わりで1位に君臨。これによって『I’m the One』は3位に下がり、先週に引き続きブルーノ・マーズの『That's What I Like』が2位をキープという結果になった。

Billboardではこれまでアーティストが自身の楽曲を1位に入れ替えたことはあっても、2週連続でこんな偉業を成し遂げたのはジャスティンが史上初。過去には1964年にビートルズが、『Can’t Buy Me Love』の2週間後に『She Loves You』を1位に登場させたことで入れ替えの最短記録を保持していたが、ジャスティンがこのビートルズの記録を一気に更新してしまった。

ジャスティンは今作『Despacito』が5度目の1位を獲得した曲で、ルイスとダディにとっては今作が初めて。曲内でジャスティンはスペイン語の歌詞に初挑戦している。ジャスティンはこの歴史的ニュースにツイッターで「ありがとう」とシンプルなリアクションをしていた。

MTV NEWS