2017-02-28
ザ・チェインスモーカーズ、デビューアルバムへの想いを明かす

DJデュオのザ・チェインスモーカーズが、4月7日にデビューアルバム『Memories...Do Not Open』をリリースする。彼らにとって初のLPとなる今作は"ホーム"に寄せる思いを込めたものとなった。

チェインスモーカーズは、2月23日にインスタグラムでアルバムについての想いをコメント。「アルバムに収録される楽曲のコンセプトは、僕たちにとってすごく個人的なものばかりなんだ。だからアルバムのタイトルは『Memories...Do Not Open』にしたよ」と明かし、「収録曲には、僕たちのプライベートな思い出や、思い出に対する当時の自分たちの気持ちが詰まっているんだ。それをみんなにも共有できればいいなって思った。曲を作り上げるまでに過去の傷を感じたりして苦しくなったりもしたけど、そうやって心を開いて自分以外の誰か、もしくは何かに関わっていくことこそシンガーソングライティングということだと思ったし、それが音楽のあるべき姿だと思うんだ」と書いている。

コメントと共にアルバムのジャケットの画像もアップ。薄暗いライトで照らされた子供部屋の中に「開けないで」と書かれた段ボール箱が置かれ、壁にはポラロイドやデコレーション用ライトが飾られている。段ボールが置かれた子供用ベッドは、もちろんベッドメイキングされておらず、ぐちゃぐちゃなままだ。
ザ・チェインスモーカーズは「僕たちが大人になって独り立ちをするとき、母親たちってこういう段ボールに色々と物を詰め込んで部屋の隅に置いて、勝手に部屋をトレーニングルームにしたり書斎にしたりするでしょ?このアルバムは僕たちにとって、まさしくそういう思い出の箱を開けるような感覚で作った作品なんだ。実際に僕らが実家に帰った時に思い出の詰まった段ボールを漁るのと同じ感覚さ」と紹介した。

デビューアルバムには、先日のブリットアワードで初公開したコールドプレイとのコラボ曲『Something Just Like This』や、新曲『Paris』も収録される。

MTV NEWS