2017-02-21
ヴィン・ディーゼル、セレーナ・ゴメスの『it ain't me』で歌手デビュー

俳優のヴィン・ディーゼルが、セレーナ・ゴメスの新曲でポップミュージック界にデビューした。ディーゼルによると、彼の声がセレーナ・ゴメスとKygoの新曲『it ain't me』にミックス挿入されているそうだ。

ディーゼルは自身のFacebookに、スタジオ・セッションの様子をアップロード。「どうやったらこんなに素晴らしいものが作れるのか分からない。僕の声をセレーナ・ゴメスのボーカルと混ぜ合わせたら、こんなにパワフルになるなんて思ってもみなかったよ!」と書いている。エキサイティングな体験をしたディーゼルは、この話題をインスタグラムでもシェアし、音楽に対する熱い思いを語った。

「4年間くらい下手なカラオケの経験はあったんだけど、プロフェッショナルなスタジオに誘われたことなんてなかったし、プロのエンジニアとかそういう人たちと一緒に仕事をする勇気なんて僕にはなかったんだ。だけどKygoが上手に僕の声を拾って、あの美しいセレーナのボーカルに合わせてくれた。さっきKygoから完成したトラックを送ってもらったばかりで、今は感動して言葉も出ない。まじですごいよ」と興奮気味に書いていた。

MTV NEWS