2017-02-20
ザ・ウィークエンド、ジャスティン・ビーバーを露骨に侮辱?

ザ・ウィークエンドとジャスティン・ビーバーの確執が深刻化しつつあるようだ。ザ・ウィークエンドはナヴの新曲『Some Way』でジャスティンに露骨なメッセージを送っている。

トロント出身のシンガー、ナヴが発表した最新曲『Some Way』でザ・ウィークエンドは歌だけではなく歌詞も共作。メロ部分ではジャスティン・ビーバーのことを批判しているであろう痛烈な歌詞を披露した。

「俺に恋した君の女のことを考えているよ / 俺との関係と舌使いが治療薬だと言っている / あぁそうさ、あぁそうさ、俺が盗んでやったんだ、君の知っての通りだよ / 俺がその女を盗んだのさ、君の知っての通りだよ」という歌詞なのだが、これはどう見ても「君」がジャスティンで「女」というのがセレーナ・ゴメスを表しているのだろう。セレーナはザ・ウィークエンドの現在の恋人でありジャスティンの元恋人でもある。

先日メディアへのインタビューで「ザ・ウィークエンドの音楽はださくて聞くに聞けない」と答えたジャスティン。この曲はそんなジャスティンへ対するザ・ウィークエンドの反撃だろうか。

MTV NEWS