2016-10-26
速報!MTV VMAJ 2016 宇多田ヒカルが最優秀ビデオ賞受賞

MTVジャパンが10月26日、東京・新木場STUDIO COASTにて、年間の優れたミュージックビデオを表彰する音楽アワード「MTV VMAJ 2016」の受賞者が集うスペシャルイベント「MTV VMAJ 2016 -THE PARTY!!-」を開催した。

記念すべき15回目を迎える今年のホストに抜擢されたのは、これまでのVMAJで最多3冠の実績を誇るRIP SLYME。ステージには各部門の受賞アーティストが続々と登壇し、圧巻のライブパフォーマンスが繰り広げられたほか、イベントのハイライトでもある最優秀ビデオ賞も発表された。

全部門にノミネートされた計85作品の中から、最も投票数の多かった作品に贈られるこの賞に輝いたのは、宇多田ヒカルの「真夏の通り雨」。9月にリリースされ、オリコン週間CDランキングで4週連続1位という記録を打ち立てた、8年ぶりのニューアルバム『Fantôme』収録曲だ。

2001年に日本制作第一弾となる「MTV Unplugged」に出演してから15年。変わらぬ歌声はもちろん、6年前の休業宣言からの“人間活動”を経て、さらに深みを増した歌詞が音楽ファンの心をつかみ、最多投票数を獲得した。残念ながら会場には来られなかったものの、宇多田は次のようなコメントを寄せた。

最優秀邦楽女性アーティストビデオ賞(BEST FEMALE VIDEO -JAPAN-)受賞について
「今時のJポップにあまり無いような、少し古風な日本語の歌を書きたいと思って産まれたのが『真夏の通り雨』です。MVを製作することになり、美しい日本の風景を映像に収めてきた柘植泰人さんに監督を依頼しました。完成された映像を観て、帰りたくても帰れない場所、逃れたくても心に深く刻まれたもの、私たち日本人の心の原風景に、涙してしまいました。皆さんの投票で決まるこの賞を頂けて本当に嬉しいです。ありがとうございました。宇多田ヒカル」

最優秀ビデオ賞(BEST VIDEO OF THE YEAR)受賞について
「まさか『BEST VIDEO OF THE YEAR』まで頂けるとは思わず、「BEST FEMALE VIDEO」の受賞コメントで言いたいことを出し切ってしまいました。すみません、、、嬉しびっくりです。柘植監督、ありがとうございました!」

これにより「MTV VMAJ 2016」では、宇多田ヒカルとBABYMETALが最多2冠を獲得、日本のみならず世界で支持される女性アーティストのパワーが際立った1年となった。

あらゆるジャンルのアーティスト、ゲストセレブリティが出演した「MTV VMAJ 2016 -THE PARTY!!-」の模様は、10月27日午後9時よりMTV にてオンエアされる。

「MTV VMAJ 2016」の受賞作品・アーティスト一覧はVMAJ.JPでチェック。

MTV NEWS

関連番組
MTV VMAJ 2016 -THE PARTY!!-
10/27 [木] 21:00 – 23:00 ほか

MTV VMAJ 2016 受賞作品特集
10/30 [日] 21:00 – 22:30 ほか