2016-10-21
ジャネット・ジャクソン、トランプ氏の発言で再生回数アップ


Photo: Getty Images
ジャネット・ジャクソンの1986年リリースのヒット曲「Nasty」が、思わぬ理由で注目されている。

米大統領選挙に向けた最後のテレビ討論会が10月19日(アメリカ時間)、ラスベガスにて行われた。その中で、共和党候補のドナルド・トランプ氏は民主党候補のヒラリー・クリントン氏に対し、「なんて嫌な女だ(Such a nasty woman)」と捨てぜりふを吐いた。

トランプ氏の発言後、音楽ストリーミングサービスSpotifyでは、ジャネットの「Nasty」の再生回数が250パーセントもアップしたという。

また、エンタメサイトUPROXXは、トランプ氏のコメントをサンプリングした「Nasty」のリミックスを公開した。

ジャネットは先日、50歳にして第1子の妊娠を発表したばかり。今週は2017年度ロックの殿堂入り候補にノミネートされたことが明らかになった。

MTV NEWS