2016-04-25
アリシア、ノエル、スプリングスティーンら、ステージでプリンスを追悼


Photo: Frank Micelotta/Getty Images
プリンスさんの訃報を受けて、世界中のファンが悲嘆に暮れている。音楽シーンでも多くのアーティストが突然の別れにショックを受けているようだ。

(写真=1991年9月、米ロサンゼルスで開催された音楽授賞式「1991 MTV Video Music Awards」でパフォーマンスを披露したプリンス)

たくさんの著名人がSNSを通じて哀悼の意を表している一方で、ステージで故人を偲ぶ人も少なくない。

アリシア・キーズは、新作短編映画「The Gospel」を引っさげて参加した米ニューヨークのトライベッカ映画祭で、プリンスさんの「How Come U Don't Call Me Anymore?」をピアノの弾き語りで披露した。同曲のカバーは彼女のデビューアルバム『Songs In A Minor』に「How Come U Don't Call Me」のタイトルで収録されていた。

「プリンスは私にアーティストであることの意味を教えてくれたの…どうやって大胆に、そして厚かましくいられるかをね」と彼女はオーディエンスに伝えた。

ジェニファー・ハドソンは、ブロードウェイで上演中の「カラー・パープル」のキャストたちと共に、プリンスさんの名曲「Purple Rain」を披露した。

「ちょっと前に(プリンスさんが)ここにいた私に電話をくれて、イベントに誘ってくれたの。彼は本を書いていたから。キャストを連れてきてもいいと言ってくれたのよ。私たちは最後にもう1度彼に会って、あの時間を過ごせたことを光栄に思うわ」と彼女は振り返った。

同じくブロードウェイのリチャード・ロジャース・シアターでは、「ハミルトン」のキャストたちが「Let’s Go Crazy」に合わせて踊り、プリンスさんを追悼した。主演でクリエイターのリン=マニュエル・ミランダは、音楽監督が1日かけて同曲をオーケストラ用に編曲したことを明かした。

ミランダは終演後、「おやすみ、みんな」とツイートし、「今日、僕らは笑って、泣いて、悼んで、踊った。人生という電撃的な言葉に、それ以上に求められるものはある?」と加えた。

マライア・キャリーはフランス・パリのステージで、「彼は私の友だちでもあったの。私がものすごく誰かを必要としていた時、彼は相談に乗ってくれたのよ」とプリンスさんとの思い出を振り返り、「One Sweet Day」を歌った。

ゴティエが2013年に「Somebody That I Used To Know」でグラミー賞の最優秀レコード賞を受賞した時、プレゼンターを務めたのはプリンスさんだった。彼は受賞者の名前が入った封筒を開くと、「この曲大好き」とつぶやいたという。当時、受賞スピーチでプリンスさんに感謝の意を表したゴティエは、訃報を受け、「Sometimes It Snows In April」をアカペラでカバーした

パール・ジャムのエディ・ヴェダーは、サウスカロライナ州コロンビアでのコンサートで、「80歳とか85歳になっても音楽をやっている人がいるとしたら、それはプリンスだろうと思っていた。だから、今日は本当にショックだった」と述べた。バンドは「Purple Rain」の冒頭部分を演奏した。

ノエル・ギャラガーはスコットランド・グラスゴー公演にて、オアシス時代のヒット曲「Live Forever」をプリンスさんに捧げた。ステージは紫色に照らされ、スクリーンにはプリンスさんの写真が映し出された。

「俺はかつてバンドをやっていたんだ。『Standing on the Shoulders of Giants』(※巨人の肩の上にのる矮人=先人の積み重ねた発見に基づいて何かを見つけること)というアルバムを作ったんだけど、その巨人の一人がプリンスだった」と彼はオーディエンスに伝えた。

ブルース・スプリングスティーンは4月23日、ニューヨーク・ブルックリン公演を「Purple Rain」からスタートした。会場のバークレイズ・センターは紫色の照明に包まれ、スプリングスティーンは曲の終わりで「プリンスよ、永遠に!神のご加護を!」と叫んだ。

プリンスさんは4月21日、米ミネソタ州にある自宅兼レコーディングスタジオ、ペイズリー・パークにて意識不明の状態で発見され、死亡が確認された。57歳だった。遺体は4月23日に火葬され、自宅で執り行われた密葬に家族や親しい友人が参列した。

MTV News

関連番組
プリンス VideoSelects
4/25 [月] - 4/29 [金] 20:00 - 21:00

Prince: The Art of Musicology
4/26 [火] 19:30 - 20:00
4/29 [金] 21:00 - 21:30
4/30 [土] 23:30 - 24:00
5/1 [日] 24:30 - 25:00