2015-08-12
パティ・スミス、「ジャスト・キッズ」をテレビシリーズ化


Photo: Dave J Hogan/Getty Images
“ゴッドマザー・オブ・パンク”ことパティ・スミスが、写真家ロバート・メイプルソープと過ごした日々を綴った自身の回想録「ジャスト・キッズ」をベースにしたテレビシリーズを手掛けることが明らかになった。

米「ハリウッド・リポーター」紙によると、テレビシリーズ「ナイトメア~血塗られた秘密~」を手掛けたジョン・ローガンがプロデューサーを務め、米ショウタイムで放送される予定だ。スミス自身も共同脚本とプロデュースを担当する。

「ショウタイムで放送されるシリーズによって、登場人物をより深く探ることが可能となり、書籍より先まで物語を発展させ、一定の型破りな表現方法を認めることができます」とスミスは文書を通じてコメントした。

「テレビシリーズという伝達手段は、物語に自由を与え、書籍のテーマを発展させるチャンスをもたらしてくれるでしょう」

スミスは1960年代後半にニューヨークに移り住み、多様な音楽シーンに没頭した。メイプルソープと出会った頃は、2人とも地下鉄や公園のベンチで寝泊まりする貧しいアーティストだったという。

「ジャスト・キッズ」は2010年度全米図書賞ノンフィクション部門を受賞した。

MTV News