2014-12-15
ディアンジェロ、14年ぶり新作を本日緊急リリース

先週から海外メディアで噂されていたディアンジェロのニュー・アルバム『Black Messiah』が、iTunesにて本日(12月15日)より配信スタートした。CDは12月23日に海外リリースされ、国内盤は来春の発売を予定している。

今作は全世界で高い評価を得た名作『Voodoo』以来14年ぶりとなるニュー・アルバムで、ディアンジェロ・アンド・ザ・ヴァンガード(D’Angelo and The Vanguard)名義で発表された。

「“ブラック・メサイア”はアルバムにつけるものとしては、とんでもないタイトルだ。容易に誤解を招くであろうし、多くの人は宗教的なことを想像するだろう。人によっては俺が自分自身を“ブラック・メサイア=黒い救世主”と呼んでいるものと決めつけるかもしれない」とディアンジェロは声明文の中で説明している。

「だが、俺にとってこのタイトルは俺たちみんなを意味しているんだ。それはこの世界全体についてのことでもあるし、俺たちみんなが目指すことのできる考え方を示すものでもある。俺たちの誰もが“ブラック・メサイア”になれるよう志すべきなんだ」

「それは“ファーガソン”(註:ミズーリ州セントルイスにて今年8月、丸腰の黒人少年を群の警察官が射殺したことをきっかけに起こった抗議デモや暴動)や、“エジプト”(註:2011年に起ったエジプト革命)、“ウォール街を占拠せよ”(註:2011年にウォール街で起こったアメリカ経済界、政界に対する一連の抗議運動を主催する団体名、またはその合言葉)など、これ以上我慢がしがたい状況に対して変化を求めるべく決起している、全ての場所の全ての人々を指している。1人のカリスマ性のあるリーダーを称賛するのではなく、大勢のそういった人々を讃えるということなんだ」と彼は続けた。

「アルバムの全曲が政治的メッセージ色の強いものではないけれど(多くの曲がそうではあるけれども)、このアルバムを“ブラック・メサイア”と呼ぶことが、これらの曲が1番しっくりくる風景を作りだしている。“ブラック・メサイア”は1人の人を示すものではない。それはまとめると、俺たちみんながリーダーだという感覚を示すものなんだ」

また、米ニューヨークでは現地時間14日夜、『Black Messiah』のリスニング・イベントが開催された。音楽評論家/シナリオ・ライターのネルソン・ジョージが司会を務め、映画監督のスパイク・リーや、ジェームズ・ブラウンやプリンスらの伝説的なツアーのマネージャーを務め、ディアンジェロ復活劇にも加わっているアラン・リーズが顔を揃えたという。

アルバムはQティップやケンドラ・フォスター(ファンカデリックのヴォーカリスト)が歌詞を手掛けた楽曲を含む全12曲を収録。他にもクエストラヴ、ピノ・パラディーノ、ジェームス・ガッドソンら、豪華ミュージシャンが参加している。ディアンジェロは参加アーティストたちに敬意を表し、“The Vanguards/ザ・ヴァンガ―ズ”という総称を決めて、今回のプロジェクト名に加えた。

また、今作ではレコーディングからミキシングに至るまでビンテージ機材が使用されており、全て完全なるアナログ手法で制作された。

アルバムは社会的な空気を敏感に取り込んだ作品で、収録曲「The Charade」から、「話す機会が欲しかっただけなのに、代わりに死体位置確認のチョークの線を喰らっちまった(All we wanted was a chance to talk, ’stead we only got outlined in chalk)」というリリックがプロモーションに使用されている。

トラックリスト
SIDE A:
01 Ain’t That Easy
02 1000 Deaths
03 The Charade
04 Sugah Daddy
05 Really Love

SIDE B:
06 Back To The Future (Part I)
07 Till It’s Done (Tutu)
08 Prayer
09 Betray My Heart
10 The Door
11 Back To The Future (Part II)
12 Another Life

MTV News