2014-07-31
ヒラリー・ダフ、ニュー・シングルを緊急リリース

ヒラリー・ダフが30日、ニュー・シングル「Chasing The Sun」を世界的に緊急リリースした。

2001年、14歳で主演に抜擢されたディズニー・チャンネルの人気シリーズ「リジー・マグワイア」で、女優として一躍世界的ブレイクを果たしたヒラリー・ダフ。2003年にはデビュー・アルバム『Metamorphosis』をリリースし、全米アルバム・チャートで堂々の1位を獲得。その後も多くのヒット曲を世に送り出し、アルバムの世界累計セールスは1500万枚を突破した。

シンガーとしても世界中から愛され、大成功をおさめてきたヒラリーは、先週突如RCA Recordsへの電撃移籍を発表。今回発表された「Chasing The Sun」は、移籍第1弾シングルとなる。

ヒラリーはレーベル移籍発表に際し、「RCAレーベルの一員になれて、とてもうれしく思っているわ!今回のアルバムに対する自分なりのビジョンは私の中にあって、それをレーベルと共有しながら楽しく作業することができたの」とコメント。

「シングル「Chasing the Sun」を聞いてくれたら、私のニュー・アルバムをちょっと先取りして感じてもらえることができると思う。アルバム制作には全力で取り組んできたし、このアルバムでは私の人生経験、そしてここから目指していくものをしっかり表現できたと思うわ!」と意気込みを語っていた。

2010年に結婚、2012年に愛息ルカ君を出産するも、今年に入って夫と「友好的な別離」を発表。ここ数年は子育てもあり、プライベートを優先させていた印象だが、その間に女性として多くの人生経験を積み、一段と美しさに磨きがかかっている。

待望の新作からの第1弾シングル「Chasing The Sun」は、サーフ・ミュージック・シーンを代表する女性シンガー・ソングライター、コルビー・キャレイと、ジェイソン・リーヴス、トビー・ガッドによるアコースティックなサマー・ポップ・チューンで、iTunes Storeで先行配信が開始している。

また、コミカルな演技とセクシーな水着姿の両方が楽しめる、同曲のキュートなミュージックビデオも公開されている。

「音楽活動をしばらく休んでいたけれど、でもその時間のおかげで次のステップを慎重に考えることができたわ。今回作りあげたニュー・アルバムは本当に誇りに思っているのよ」と話すヒラリーは現在、2007年ぶり以来、通算5作目となるスタジオ・アルバムの最終仕上げ作業を行っているという。アルバムは今秋に全米リリース予定だ。

一方、人気テレビシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」を手掛けたダーレン・スターが制作総指揮・監督を務める新作テレビドラマ「Younger」(原題)への出演も決定しているという。

MTV News