2013-01-21
ワン・ダイレクション、ファン感謝イベントで日本初ライブを披露


Photo: Yoshika Horita
最新アルバム『Take Me Home』のプロモーションのために初来日したワン・ダイレクションが、10日に都内でファン・イベント「Team 1D Japan Party: 1Derland」を開催。2万通を超える応募から超プレミア・チケットを獲得した約2000人が会場に集結した。「会場に来られなかったファンのために」というメンバーたちの意向で、イベントの模様はUstreamで生中継された。

会場内では「1D」ロゴでラッピングされた屋台や2階建バス、グッズ販売、複数の撮影スポットやクッキーのデコレーション、1Dのネイルアートなど、さまざまな催しが展開され、まさにファンのための「1Derland(ワンダーランド)」。場内は開演前からファンの熱気、期待と興奮に包まれていた。ステージに5人が登場すると、ファンの熱狂的な想いが一気に大爆発。通訳の声も聞こえないほどの大歓声が沸き起こった。

イベントではまず、事前に募集したファンからの質問をもとにしたQ&Aコーナーが実施された。好きな日本語を聞かれると、「ガンバリマース!」と答えたハリー・スタイルズをはじめ、メンバーはイベント中に何度もこの言葉を口にしていた。また、11月に決定した初来日公演については、「とにかくものすごくビッグなショーにするよ」(リアム・ペイン)、「来日することをずっと前から楽しみにしていたんだ。今回こうして日本に来られたのもファンのみんなのおかげだし、みんなの前でライブするのが待ち切れないよ。楽しみだな!」(ハリー)と語った。

最後に2013年の目標を聞かれたメンバーは、「今ドキュメンタリー映画の撮影をしているから、ファンに気に入ってほしいな。それに大規模なツアーも予定しているから、そちらも成功させたい」(ナイル・ホーラン)、「もっと日本で過ごしたい」(リアム)、「日本語を習いたい」(ハリー)と答え、ファンから黄色い声援を浴びた。

Q&Aコーナーの後は、バックバンドを従えてライブをスタート。最新作『Take Me Home』から、「Live While We're Young」、「Kiss You」、「Little Things」、そしてデビュー・アルバム『Up All Night』から、大ヒット・シングル「What Makes You Beautiful」の計4曲を披露した。

ライブ後、メンバーを代表してナイルから、「日本では本当に素晴らしい時間を過ごすことができたよ。11月にみんなに再び会うのが待ち切れないよ!みんなのことが大好きだよ!どうもありがとう」とご挨拶。メンバーには、ファンの想いが詰まった大きなバレンタイン・チョコレートがプレゼントされた。

ワン・ダイレクションの来日の模様は、J:COMチャンネルHDで2月4日午後11時より初回放送の「MTV洋楽EXPRESS」と、MTVで2月9日午後6時より初回放送の「MTV MUSIC PLATE」にてオンエア予定。

MTV News