2011-12-28
ヴァン・ヘイレン、デヴィッド・リー・ロスを迎え再結成ツアーへ


Photo: Michael Buckner/Getty Images
現地時間の26日、米カリフォルニア州出身のロック・バンド、ヴァン・ヘイレンが、初代リード・シンガーのデヴィッド・リー・ロスを迎えて再結成ツアーを開催することを発表した。

(写真=2007年のツアー発表会見にて。左からエディ・ヴァン・ヘイレン、デヴィッド・リー・ロス)

今回の発表は、バンドのオフィシャルサイトに掲載されたビデオを通じて行われた。そこには現在57歳のロスが、ギタリストのエディ・ヴァン・ヘイレン、ドラマーのアレックス・ヴァン・ヘイレン、そしてバンドの現ベーシストでエディの息子、ウルフガング・ヴァン・ヘイレンと共に、ステージでパフォーマンスする様子が映っている。

ビデオはモノクロ映像で、ヒット曲「Jump」や「Panama」、「Hot For Teacher」が流れる中、紙吹雪や風船が舞うクラブのステージで演奏するメンバーたちがカメラに向かっておどけている。再結成ツアーのチケットは現地時間の2012年1月12日に発売開始となる。

ツアーに加えて、ヴァン・ヘイレンは現在ニュー・アルバムを制作しているとのこと。もし実現すれば、ロスがアルバムに参加するのは実に27年ぶりとなる。バンドはデビュー以来、ワーナー・ブラザーズ・レコードに所属していたが、先日インタースコープ・レコードと契約を結んだ。

MTV News